2018年2月21日水曜日

2018年2月アメコミ新刊情報!



「アメコミ魂」読者のみなさん、こんにちは!

まだまだ寒い日が続いておりますが、2月の新刊アメコミは激アツです!

小社のTwitter等ではすでに告知しておりますが、改めて本日発売(地域によって数日の誤差がございます)の新刊アメコミ4タイトルをご紹介します。お気に入りの作品があれば、ぜひお買い求めください!



『スパイダーマン/デッドプール:サイドピース』

過去に二人が共演した作品を集めたシリーズ第一弾(原書のナンバリングは“Vol.0”)の『スパイダーマン/デッドプール:プロローグ』、新たな物語が始まったシリーズ第二弾(原書では“Vol.1”)の『スパイダーマン/デッドプール:ブロマンス』に続き、シリーズ第三弾(原書では“Vol.2”)となるのが本書になります。

『スパイダーマン/デッドプール:ブロマンス』の続きが気になる人が多いとは思いますが、“あの”物語の続きは第四弾『スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ(仮)』(原書では“Vol.3”)で展開されるので、もうしばらくお待ちください。とはいえ、本書はとても愉快な短編集ですので、スパイディ&デップーファンの人は必読です。

『スパイダーマン/デッドプール:サイドピース』
スコット・オーカーマン、ジェリー・ダガン他[作]
ライリー・ブラウン、スコット・コブリッシュ他[画]/高木 亮[訳]
B5判変・並製・120頁・本文4C
定価:本体2,000円+税
ⓒ 2018 MARVEL


なんと、スパイディとデップーのペアルック姿も収録! 原書を読んでる人はご存知かもしれませんが、なぜこのようになったのかはぜひ本書で確かめてください!


小社では購入者特典を付けることが多いのですが、今回のシリーズにも毎回特典を付けていました。第一弾では「紙製のオリジナルミニうちわ」、第二弾は「紙製のガーランド」でした。「そんなチープな特典はいらない!」というご指摘もたまにはいただくのですが、読者さんからも書店さんからも好評なので、今回も考えました。

今回は……「トントン相撲セット」です。これこそ「いらないよ!」と叱られそうですね(汗)。我々としては、ちょっとでも笑っていただければこれ幸いと考えております。この不思議な特典を配布していただける対象書店さんを知るには「コチラ」をご参照ください。




『バットマン:ノーマンズ・ランド4』

さて、次に紹介するタイトルは、読んでいる途中で思わず「フゥーッ」とため息をつきたくなる一大巨編の最終巻『バットマン:ノーマンズ・ランド4』です。本書の第1巻は2014年刊行ですので、約1年に1冊のペースで刊行してきたことになります。

かくにもここまでお付き合いいただいた、またはお付き合いいただける読者さんには感謝の言葉しかありません。そして、ものすごいボリュームの本シリーズを最終巻まで訳していただいた翻訳者さんにも感謝ですね。「完結してから一気読みする」という読者さんがおられますが、そのような方はぜひ第1巻から本書まで存分にご堪能ください。

『バットマン:ノーマンズ・ランド4』
グレッグ・ルッカ他[作]/セルジオ・カリエロ他[画]/高木 亮[訳]
B5判変・並製・552頁・本文4C
定価:本体5,000円+税
TM & © 2018 DC Comics. All Rights Reserved.

全552ページ。上から見るとこんなに分厚いんですよね……。全4巻読み切ると、かなりの“バットマン通”になること請け合いです。


“BATMAN: NO MAN'S LAND”は1999年に発表されたので、19年前の作品になります。いまのアメコミと比べると、ちょっぴり時代を感じるところもありますが、読みすすめていくと誰もがこの一大巨編の深みにハマってしまいます。

6~7年前の読者アンケートでは、「ノーマンズ・ランド」の邦訳リクエストがとても多かったことを覚えています。本書とともにバットマン作品で邦訳リクエストが多かったのが「ナイトフォール("BATMAN: KNIGHTFALL")」でした。バットマンが宿敵べインに背骨をへし折られた話といえば、ピンとくる人も多いのではないでしょうか。原書は1993年~1994年にかけて発表されたので、「ノーマンズ・ランド」の約5年前の作品になります。

 以前、「ノーマンズ・ランド」を完結させてから「ナイトフォール」の邦訳は検討したいと、どこかでお話したこともありますが……どうなりますかね。まずは「ノーマンズ・ランド」がどれほどの読者さんに受け入れてもらえるかをみて考えたいと思います。




『スーパーマン:トライアルズ・オブ・スーパーサン』

往年の名作からガラッと変わりまして、次は最新シリーズ“リバース”からの一冊を紹介します。新章リバースに突入した第1巻『スーパーマン:サン・オブ・スーパーマン』に続く第2巻であり、期待の『スーパーサンズ』(発売日未定)の前日譚でもある作品が本書です。

ちなみに“スーパーサンズ”とは、その名のとおり、スーパーマンの息子ジョナサン(ジョン)・ケントと、バットマンの息子ダミアン・ウェインが組んだコンビのことです。スープス&バッツのコンビも豪華なのに、彼らの息子たちがデュオを組むという……まさにダイナミック・デュオですね。とにかくこのコンビがなぜ結成されたのか……それだけでも今すぐ知りたくなりますよね。少しでも気になった人はぜひ本編でお楽しみください!

『スーパーマン:トライアルズ・オブ・スーパーサン』
ピーター・J・トマシ他[作]/パトリック・グリーソン他[画]
中沢 俊介[訳]
B5判変・並製・168頁・本文4C
定価:本体2,300円+税
TM & © 2018 DC Comics. All Rights Reserved.

スーパーマンの息子ジョンの愛くるしい場面が満載です。もちろん、バットマンの息子ダミアンも大活躍します。ジョンとダミアンが本格始動する『スーパーサンズ』の発売が待ち遠しいですね!




『スーパーマン:アメリカン・エイリアン』

最後にご紹介する作品も「スーパーマン」です。「スーパーマン」のコミックなのですが、これは僕らが知っているスーパーマンの物語ではありません。

では、どんな物語なのか。それは、スーパーマンとみんなに呼ばれる前のクラーク少年の物語。故郷の星を追われ、地球に辿りついたクリプトン人カル=エルが、カンザスの農場で地球人クラーク・ケントとして育てられていく。己の持つ強大な力に気づき、苦悩し、葛藤するなかで成長していく……“新たな傑作”との呼び声も高い、青春時代のスーパーマンを描いたオムニバス集です。

バットマンに比べ、スーパーマンは邦訳コミックが少ないのですが、だからといって、スーパーマンに名作が少ないというわけではございません。これは名作コミックだと胸を張っていえます。本書は、翻訳者さんの推薦もあって刊行することができました。スーパーヒーローもののアメコミはちょっと苦手という読者さんにもおススメの一冊です。

『スーパーマン:アメリカン・エイリアン』
マックス・ランディス[作]/ニック・ドラゴッタ他[画]/吉川 悠[訳]
B5判変・並製・224頁・本文4C
定価:本体2,700円+税

少年時代のクラーク・ケントもジョンに負けず劣らず可愛らしいですよ!




最後に、アメコミではなく、バンド・デシネ(フランスのマンガ)ですが、先日発売されたばかりの『ヴァレリアン』を少しだけ紹介します。フランスでは有名なSF作品として知られ、かなりの年月をかけながら出版されていました。

また、本書を原作とした映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が3月30日(金)に全国公開されます。監督はリュック・ベッソンで、まさにフランス発のSF超大作映画といった仕上がりになっています。

先日、試写を観たのですが、迫力映像あり、ビークルあり、クリーチャーあり、ロマンスあり、ユーモアありのSF映画でした。『スター・ウォーズ』や『アバター』、『フィフス・エレメント』などが好きな人にはおススメです。映画を観ようと思っていた人はぜひ予習にご一読ください!


『ヴァレリアン』の世界観をさらに知りたい方は、トレーラーを観ていただければ一目瞭然です。3月1日全国公開の映画『ブラックパンサー』のあとは『ヴァレリアン』に決まりですね!




来月3月の新刊アメコミは、『スーサイド・スクワッド:ゴーイング・セイン』『ハーレイ・クイン:ジョーカー・ラブズ・ハーレイ』『ワンダーウーマン:イヤーワン』『インヒューマンズ』です。「アメコミ魂」でも紹介していきますのでご期待ください。

今後ともShoPro Booksをよろしくお願いいたします。

(文責:山本)


▼お気に入りの記事がありましたら、ぜひ皆様のSNS等でご紹介してください。ただし、画像の無断転載はご遠慮ください。

▼ご意見・ご感想・ご指摘・邦訳希望・翻訳者希望・持ち込み企画などは、本ブログの下段にある「メッセージを送る」を押していただき、指定の送信フォームからお送りください(携帯からはウェブバージョンにてご対応ください)。

2018年1月23日火曜日

2018年1月アメコミ新刊情報!



「アメコミ魂」読者のみなさん、こんにちは!

関東圏でも雪が降るなど、一気に気温が下がり寒い日が続いています。
こんなときは家でアメコミ! ということで、今週24日頃発売予定の新刊をご紹介します!



『デッドプール:トゥー・スーン?』

“フォーブッシュマン”が殺された! マーベルの愉快な仲間たちを救おうと立ち上がるデッドプールだが、事態は深刻さを増すばかり!

『デッドプール:トゥー・スーン?』
ジョシュア・コリン[作]トッド・ナウク[画]
定価:本体2,000円+税
●1月24日頃発売●

“フォーブッシュマン”とは、マーベル・コミックスで1960年代から愛されてきたコミカルなキャラクターである。そんな彼が何者かによって殺された! 現場に居合わせたのはスクイレルガール、ロケット・ラクーン、グルート、アントマン、スパイダーハム、ハワード・ザ・ダック、パニッシャー、そしてデッドプール。悲しみをいやす間もなく犠牲者は増え続け、冗舌な傭兵はドクター・ストレンジまで巻き込んで、謎の解明に挑むが……。マーベル・ユニバースを襲う連続殺人の結末に待つ涙の意味は、笑いか、悲しみか……それともその両方か!?

▲事件のきっかけは“フォーブッシュマン”の殺害。
……いったい誰が!?
▲同時収録の『デッドプーロウィン』は
ハロウィン爆笑エピソード



『スパイダーグウェン:グレイター・パワー』

自分の腕の中で死んだはずのリザードが復活していた? さらに広がるグウェンワールドから目が離せない!

『スパイダーグウェン:グレイター・パワー』
ジェイソン・ラトゥーア[作]ロビー・ロドリゲス[画]
定価:本体2,100円+税
●1月24日頃発売●

グウェン・ステイシーは死んだはずのリザードの復活を探るべく、ウェブに帰還する。グウェンの世界でもオズボーンとの対決が始まる一方で、彼女はシールドの最重要手配リストに自分が載っていることを知る。共にリザードの死を確認した恋人ピーターとの関係にもある疑念が浮かんできてしまうが…? さらなる広がりを見せる第2巻!

▲舞台はアース65。さまざまな登場キャラにも注目!

▲ヒップホップ・バリアントは88年リリース、
スリック・リックのデビューアルバム!



『タスクマスター:失われた過去』


驚異の写真的反射能力を持つ傭兵にして、マーベル・ユニバース屈指の戦闘教官の人気単独誌、待望の邦訳!

『タスクマスター:失われた過去』
フレッド・ヴァン・レンテ[作]へフテ・パロ[画]
定価:本体1,800円+税
●1月24日頃発売●

『写真的反射能力(フォトグラフィック・リフレクシズ)』を武器に、数多のテロリスト集団や犯罪組織で戦闘教官を勤めたトニー・マスターズことタスクマスター。ある日、裏切りを働き、アベンジャーズに与しているという噂を流され、10億ドルの賞金首となってしまう。自らが育て上げた教え子達から命を狙われる…そんな戦いの中で、自分自身の記憶にまつわるとんでもない事実が明かされることに!

伝説の傭兵の悲哀を描いたマスターピースにして、小社読者アンケートで長らく邦訳化を切望された人気タイトルが遂に日本上陸! 

▲戦闘教官らしい、この登場シーン!
▲巻末にはタスクマスターに関連する組織や
キャラクターの詳細が収録されています




DCリバースシリーズに待望のフラッシュが登場! スピードフォースがセントラル全域に解放!? フラッシュに迫る新たなる強敵とは!?

『フラッシュ:ライトニング・ストライクス・トゥワイス』
ジョシュア・ウィリアムソン[作]カーマイン・ディ・ジャンドメニコ[画]
定価:本体2,500円+税
●1月24日頃発売●

最速の男バリー・アレンは、スピードフォースについて研究を進めている内に、過去にまつわる驚くべき秘密を発見してしまう。そんな時、彼に力を与えているスピードフォースがセントラル全域で解き放たれ、警察官、犯罪者一般市民まで全ての人々を巻き込む事態へと発展していく…。

▲ティーン・タイタンズの一員、相棒のキッドフラッシュ
▲『DCユニバース:リバース』における最大の謎、
バットケイブに残されたスマイリーボタン!?

今月のラインナップは、“デッドプール”タイトルのミステリーな雰囲気を楽しめる作品やタスクマスターの単独誌、スパイダーグウェンの続巻など注目作品が目白押し! DCコミックスもリバースシリーズのフラッシュ1巻目がいよいよ刊行です!

ぜひ、ご注目いただければと思います。

それではまた次回に。

(文責:渡辺)


▼お気に入りの記事がありましたら、ぜひ皆様のSNS等でご紹介してください。ただし、画像の無断転載はご遠慮ください。

▼ご意見・ご感想・ご指摘・邦訳希望・翻訳者希望・持ち込み企画などは、本ブログの下段にある「メッセージを送る」を押していただき、指定の送信フォームからお送りください(携帯からはウェブバージョンにてご対応ください)。