2015年11月25日水曜日

DC映画公開に備えて“オリジン”を!

皆様、こんにちは!!

そろそろ年末の足音も近づいてきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

来年のことを言うと鬼が笑うとはいえ、アメコミ魂的にいまから気になるのは、2016よりいよいよ本格化するDCコミックスの映画展開! 2013『マン・オブ・スティール』から3年弱が過ぎ、ついにDC映画のユニバースDCエクステンデッド・ユニバースDCEUが動きだします。主要な撮影が終わって、現在ポストプロダクション中の作品としては……

『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』……20163に日米同時公開! ワンダーウーマンアクアマンサイボーグの他に、どうやらフラッシュも登場するらしいとのこと。

『スーサイドスクワッド』……20168アメリカ公開デッドショットジョーカー、そしてハーレイ・クインなど、DCヴィランが大暴れする映画がついに……!

さらに、ただいま撮影中なのが、かつてシャーリーズ・セロン主演の映画『モンスター』を撮ったパティ・ジェンキンス監督の『ワンダーウーマン』。ちなみに、謎めいた企画『ジャスティス・リーグ・ダーク』も、まだ実現の可能性は消えてない模様。

一方、ここ数年好調なテレビドラマのほうも、アメリカでは910月に新シーズンが始まり、そろそろ中盤のクライマックスを迎えています。テレビ局ごとに見てみますと……

The CW……ARROW/アロー』4シーズンで、他局NBCの番組のキャラだったコンスタンティンが登場して、異例のクロスオーバーが! THE FLASH/フラッシュ』も第2シーズンに突入、来年には『レジェンズ・オブ・トゥモロー』が放送と、“アローバース”はますます拡張!

FOX……GOTHAM/ゴッサム』2シーズンが“ライズ・オブ・ヴィランズ”という副題でスタート! 来年には『ルシファー』も、地獄の王ナイトクラブを経営しながら、ロサンゼルス市警に捜査協力するという設定で放送開始。

CBS……テレビドラマ『glee/グリー』や映画『セッション』で知られる女優メリッサ・ブノワが“鋼鉄の少女”をキュートに演じる、『スーパーガール』が好調な滑り出し。

このように映画/テレビドラマどちらとも、今後いっそうの広がりが期待できるDCコミックス。そうなると首をもたげてくるのが、“このキャラって、もともとどういうヤツなんだっけ?”という、素朴ながら当然の疑問。そこで小社ではこのたび、いま話題、もしくはこれから話題になりそうなDCキャラクターの原点を、コミックとして楽しみつつ知ることができる単行本を発売させていただくことになりました。それが、今日ご紹介するDCキャラクターズ・オリジン』です!
『DCキャラクターズ:オリジン』
グレッグ・パック他[作]
リー・ウィークス他[画]
定価:1,200円+税
●2015年12月09日頃発売!●
本書の元になっているのは、アメリカで2014から翌年にかけて刊行された『シークレット・オリジンズ』。タイトルどおり、DCキャラクターの最新のオリジン(誕生秘話)を収録したシリーズです。原書は全11号で、各号に3名ずつ、計33人のキャラクターが紹介されていたのですが、今回は日本版特別編集ということで、そのなかから厳選した作品を集めて1冊にまとめさせていただきました。では本書には、どんなキャラクターのオリジンが掲載されているかというと……

スーパーマン グレッグ・パック[作]/リー・ウィークス[画
バットマン レイ・フォークス[作]/ダスティン・グエン[画]
ワンダーウーマン ブライアン・アザレロ[作]/ゴラン・スズカ[画]
ハーレイ・クイン アマンダ・コナー&ジミー・パルミオッティ[作]/ステファン・ルー[画]
グリーンランタン ロバート・ベンディッティ[作]/マルティン・コッコロ[画]
サイボーグ マーブ・ウルフマン[作]/エドガー・サラサル[画]
フラッシュ ロバート・ベンディッティ&バン・ジェンセン[作]/ミゲル・セプルベダ[画] 
アクアマン ジェフ・パーカー[作]/アルバロ・マルティネス[画
グリーンアロー ジェフ・レミア[作]/デニス・カワン[画] 
スーパーガール トニー・ビダード[作]/パウロ・シケイラ[画]
コンスタンティン レイ・フォークス[作]/リチャード・イザノブ[画]

オリジンとしてはおなじみのものから、“ニュー52を経て更新されているもの、さらにめったに読めないキャラのものまで、盛りだくさんの内容となっています。どの作品も手がけたのは第一線級の作家陣、さらに巻末には、DC映像化作品の紹介ページもありますので、入門用にも、もっと深く知りたい皆様にも、ぜひお気軽に手に取っていただければ幸いです。
▲『グリーンアロー:イヤーワン(仮)』
※原書イメージ
●近日発売!●
これからも、小社では『スーサイドスクワッド』『グリーンアロー:イヤーワン』など、映像化で話題になっているコミックをいち早く紹介していきたいと思っておりますので、何卒よろしくお願いいたします。
▲『スーサイドスクワッドVol.1(仮)』
※原書イメージ
●近日発売!●
ではでは、今日はこんなところで失礼します。


(文責:中沢俊介)

2015年11月18日水曜日

デッドプール再始動! 新シリーズの魅力をご紹介!!

「アメコミ魂」をご覧の皆さま、こんにちは!

先月『デッドプール Vol.1:デッド・プレジデント』(以下、Vol.1)を刊行し、本日『デッドプール Vol.2:ソウル・ハンター』(以下、Vol.2)が発売になりました!

ということで、今回はVol.1とVol.2の見どころをつるべ打ちでお届けしたいと思います。 
 


『デッドプール Vol.1:デッド・プレジデント』
ジェリー・ダガン、ブライアン・ポゼーン[作]
トニー・ムーア[画]
定価:本体1,800円+税
◆好評発売中◆
長い歴史を持つアメコミの特性から、日本語版では巻数をあまり表記しておりませんが、今回、Vol.1、Vol.2……と、日本語版の書名にナンバリングをしているのにはワケがあります。この作品は、「マーベル・ナウ!」という新シリーズによって仕切り直された、新たなデッドプールの物語なのです(ちなみにデッドプールのシリーズとしては第3シリーズに該当します)。

「マーベル・ナウ!」とは、マーベル・コミックスが2012年秋に立ち上げた新ブランドで、従来のキャラクターや作品の設定を引き継ぎつつ仕切り直したシリーズのことです。

このシリーズの立ち上げにともない、デッドプールを含めたマーベルの主要キャラクターがリニューアルされました。デッドプールを例に取ると、それ以前にあった多重人格設定がなくなり、代わりに脳内に別のキャラクターが居候しているという設定が与えられている……という感じです。

個々のキャラクターの歴史が古く、設定が複雑化しているために手に取りづらいという難点がアメコミにはありますが、このシリーズのおかげで、これから読み始めたい人でも手に取りやすくなったはずです。

お話をデッドプールに戻します。

まずは『デッドプール Vol.1:デッド・プレジデント』のあらすじから。

魔術をかじったSHILED隊員マイケル。国の行く末を憂う彼が、歴代アメリカ大統領をこの世に蘇らせて世直しをしようと企みます。ところが、いざ大統領たちが蘇ってみると、全員ゾンビ化した上に凶暴になっており、たちまち国は大混乱。とはいえ、歴史上の偉人たちを無残に殺せないということで困り果てたSHIELD隊員プレストンが、事態の収拾をデッドプールに依頼するのですが……。動物園からホワイトハウス、オクタゴン、果ては成層圏にまで戦火が広がり、アメリカ各地が内戦状態に。はたしてデッドプールはアメリカを救えるのか!?というのが物語のあらましになります。

多少の設定変更もなんのその。本作でもデッドプールの〝冗舌〟な魅力はもちろん健在です。


バイオレンスとギャグをギュウギュウに詰め込んだストーリーを作り上げたのは、ジェリー・ダガンとブライアン・ポゼーンのコンビ。ダガンはコミックだけでなくテレビ業界でも活躍するライターです。一方、ポゼーンは俳優、コメディアン、声優として活躍してきた人物。どちらもコミック専従のライターではございませんが、そんな彼らだからこそ、笑いと暴力をギリギリのバランスで両立できたのかもしれません。

また、トニー・ムーアが手がける表情豊かなアートワークにも注目です。あの『ウォーキング・デッド』(イメージ・コミックス)を手がけたことでも知られる彼こそ、ゾンビ大統領軍団、ゾンビっぽい素顔のデッドプールが暴れ回る本作にふさわしいといえるでしょう。

ちなみに、トニー・ムーアといえば、小社刊行の『ヴィクトリアン・アンデッド シャーロック・ホームズVS.ゾンビ』のトビラ画でもアートを担当していました(ここだけの話ですが、もし本書にご興味があれば、早めの購入をお勧めいたします!)

ジェフ・ダロウの手による徹底的に細部が描き込まれたカバーアート(写真左)にも注目です。『ハードボイルド』(ダークホース・コミックス)でも見せた、モブ(群衆)の一人ひとりの表情まで伝わるようなアートワークに、きっと脱帽するハズです。本書には、彼が手 がけたカバーアートも数点収録していますので、ぜひお手にとって確かめてください。

さて、続けて『デッドプール Vol.2:ソウル・ハンター』です。

Vol.2では、前作よりもさらにオカルト色が増します。デッドプールが悪魔ベティスと契約したことが事の発端となります。その契約とは、悪魔と取引をした人々の魂を回収すること。前作にも登場した魔術を使うSHIELD隊員マイケル。実は彼は、過去に悪魔と取引をしたことで魔術を手に入れたのでした。思いもよらぬ事情から友人を標的にしなくてはならなくったデッドプール。どうにかしてベティスとの契約を反故にするために、マイケルたちと奇策を練ります。それはベティスの上司、魔王メフィスト(別名:ルシファー)にその策略を密告し、地獄送りにすることなのですが……。

『デッドプール Vol.2:ソウル・ハンター』
ジェリー・ダガン、ブライアン・ポゼーン[作]
スコット・コブリッシュ、マイク・ホーソーン[画]
定価:本体1,800円+税
◆好評発売中◆
ちなみに、本書カバーのキャラクター紹介では、メフィストを別名のルシファーで記載していますのでご注意ください。

引き続き脚本を手がけたダガン&ポゼーン・コンビによるハチャメチャな展開は、前作からさらにパワーアップしています。とくにラストの魔法合戦は見物です。

ハルクなどのヒーローに変身して攻撃を仕掛けてくるベティス(カバーのストーリー紹介でハルクの名前を挙げた理由がコレです)と、それに冗談と銃弾で応戦するデッドプール。最終的には魔法使いとして成長したマイケル、メフィストも巻き込んだ大混戦に発展します。

本書の冒頭には80年代初頭風のデッドプールのエピソードが挿入されています。アートワークを手がけているのは、『デッドプールの兵法入門』(小社刊)のアーティスト、スコット・コブリッシュ。当時の雰囲気を上手くパロディ化した楽しいエピソードに仕上がっています。

このエピソードは全編コメディなのですが、後の展開に関わる伏線という側面もあるのでお見逃しなく! 冒頭のレトロタッチのコメディで後のエピソードの伏線を張るという構成は、続く『デッドプール Vol.3:グッド・バッド・アンド・アグリー』でも踏襲されています。

ここまで『デッドプール Vol.1:デッド・プレジデント』『デッドプール Vol.2:ソウル・ハンター』の見どころを駆け足でご紹介してきましたが、いかがでしたか? 

来月はデッドプール史上、一、二を争うシリアスな物語『デッドプール Vol.3:グッド・バッド・アンド・アグリー』を刊行いたしますので、こちらもご期待ください!



(文責:山口大介)

2015年11月11日水曜日

完結まであと少し……『ホークアイ』第3巻発売!

皆様、こんにちは!

 『アントマン』『ファンタスティック・フォー』と続いたマーベル映画秋の陣もひと段落、次にマーベル・ヒーローたちにスクリーンで会えるのは、来年となります。現時点で撮影が終わり、アメリカでの公開時期が決まっているものとしては……


『デッドプール』20162月予定
『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』20165月予定
X-MEN:アポカリプス』20165月予定

さらに、約1年後の公開を目指して、つい先日『ドクター・ストレンジ』の撮影が始まりました! さっそくネパールからドクター・ストレンジを演じるベネディクト・カンバーバッチの目撃情報が寄せられ、すぐさま世界中に広まるという……いまさらながら、すごい時代ですね。

その後も、いわゆるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画としては『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー Vol. 2』『ソー:ラグナロク』『ブラック・パンサー』『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』『アントマン&ワスプ』『キャプテン・マーベル』『インヒューマンズ』……と2019までのスケジュールが発表されています。一方、20世紀フォックスで準備が進められているという、ガンビットウルヴァリン映画の動向も気になるところ。さらにテレビドラマに目を向けると、ジェシカ・ジョーンズ』が来たる1120よりNetflixにて、(日本を含む)世界で全話同時配信!

このように、映像関連でも話題が絶えず、活況が続くマーベル・コミックス。日本語版出版のほうも、負けずに盛り上げていきたいと思います!

ということで、今回は昨年から好評をいただいている、弓矢の達人ながら“普通の人”であるヒーロー、ホークアイの活躍を描いた人気シリーズの3『ホークアイ:L.A.ウーマン』を紹介させていただきます。
▲『ホークアイ:L.A.ウーマン』
マット・フラクション[作] アニー・ウー他[画]
定価:本体2,000円+税
●11月25日頃発売予定●
“女ホークアイ”ケイト・ビショップがロサンゼルスで探偵開業! 大企業の令嬢にして弓の名手ケイト・ビショップはクリント・バートンとともに二人の“ホークアイ”として名コンビぶりを発揮していた。

だが、はた迷惑なクリントをもてあましたケイトは、ついに彼と袂を分かち、犬を連れて一路アメリカ西海岸に旅立つ。とはいえ、トラブルはクリントの専売特許ではなかった! 到着早々無一文になってしまい、女だてらに私立探偵を始めた彼女を待ち受けるトラブルとは?

ハリウッド……セレブ……幻の名盤……そしてマダム・マスク! “もう一人のホークアイ”の活躍を魅力たっぷりに描く、キュートでフレッシュな3

コミックにおけるマーベル・ユニバースでは、クリント・バートンケイト・ビショップという二人の“ホークアイ”がいて、いままで本シリーズではクリントの活躍を中心に描き、どちらかというとケイトはサポートキャラ的な立ち位置でした。ルーズなクリントしっかり者のケイト――そんな二人の凸凹コンビぶりも作品の魅力の一つだったのですが、前巻『リトル・ヒッツ』の最後で、二人は仲違いしてしまったのです。別々の道を歩むことになったクリントとケイト……そのうちケイトの行方を追ったのが、本書となります。
▲『ホークアイ:リトル・ヒッツ』
定価:本体2,000円+税
●好評発売中!●
ちなみに、本国のコミックブックでは二人の動向が1号ずつ交互に描かれ、単行本化される際に“ケイト編”“クリント編”といったかたちで、2冊に分けてまとめられました。各巻の振り分け(順不同)は……

3(ケイト編:本書)⇒『ホークアイ』#14161820、『ホークアイ・アニュアル』#1
・第4(クリント編)⇒『ホークアイ』#12131517192122

……と、ちょっと変則的なのですが、基本的にはそれぞれ違和感なく読めるようなっているので、ご安心ください!

これまでも、話の内容と合わせるかのようにデイビッド・アジャハビエル・プリードフランチェスコ・フランカビラ……とアーティストを変えてきた本シリーズ。3でメインの作画に抜擢されたのは、新進気鋭の女性アーティストであるアニー・ウーです。

最近のアメコミのトレンドの一つとして、若手女性作家の台頭が挙げられるかと思います。たとえば、小社より日本版が発売中の『サーガ』で作画を担当したフィオナ・ステイプルズも、そんな新世代作家の一人。そして本書で抜擢されたアニー・ウーも、女性らしい繊細さでケイトを表情豊かに描いて、作品に新たな魅力を与えています。本作以降も、DCコミックスで新創刊された『ブラックキャナリー』を手がけるなどして、順調にキャリアを伸ばす彼女のみずみずしいアートにぜひご注目を!
▲『サーガ 3』
定価:本体1,800円+税
●好評発売中!●
さて、幸いにして3まで発売することのできた本シリーズも、残すところあと1完結巻となる4でメインのアートを担当するのは、もちろんデイビッド・アジャ! クライマックスにふさわしいアクションを盛り込みつつ、手話をフィーチャーした回があったりと、見どころ満載です。とはいえ、まずは3の応援を何卒よろしくお願いします!

ではでは、今日はこんなところで失礼します。


(文責:中沢俊介)

2015年11月4日水曜日

『ミュータント タートルズ』の短編集がおもしろい!

『アメコミ魂』読者のみなさま、こんにちは。

本日ご紹介するのは、10月21日に発売となりました新刊、『ミュータント タートルズ:オムニバス』です。
ミュータント タートルズ:オムニバス
ブライアン・リンチ[作] フランコ・ウル他[画]
定価:本体1,800円+税
●好評発売中●
本書は、『ミュータント タートルズ』VOL.1~VOL.3で語られるメインストーリーのスピンオフとして刊行された短編集で、ラファエロミケランジェロドナテロレオナルドがそれぞれ主役を務めるストーリー4話が収録されています。本国では、『ミュータント タートルズ』VOL.2のエピソードと並行して刊行されており、ストーリーや登場キャラクターも一部リンクしています。
アメコミ版『ミュータント タートルズ』シリーズ
ストーリーを担当するのは、今年の夏に記録的なヒットとなったアニメ映画『ミニオンズ』の脚本も手がけたブライアン・リンチ。本書では、タートルズの4人それぞれのキャラクターを活かしつつ、メインストーリーでは明かされなかった秘話を描いていきます。また、ドナテロの章では、メインストーリーのライターであるトム・ワルツも参加しています。

アーティストはフランコ・ウルアンディ・クーンバレリオ・スキティロス・キャンベル4人で、各章ごとに違ったアーティストのアートを楽しめるのも、こういった短編集のいいところ。しかも本書は、各アーティストのイラストのタッチが、タートルズの4人それぞれのキャラクターに合っているなと感じます。ちなみにマイキーの章を担当したアンディ・クーンと、レオの章を担当したロス・キャンベルは、のちにメインシリーズの作画も担当しています。(本国の単行本でそれぞれVOL.4とVOL.8)

さて、それでは少しだけ各章の内容をご紹介いたします。

第1章 ラファエロ
友達ケイシー・ジョーンズと夜の街にくりだしたラファエロ。彼らの前に現れたのは、メインストーリーにも登場するあのキャラだった!迫る危機にラファエロがとった行動とは? そしてケイシーとの友情にも変化が…!?

第2章 ミケランジェロ
大みそかのニューヨーク。パーティに参加したくてしかたがないミケランジェロは、仮装パーティに紛れ込みます。しかしそこで強盗団の仲間と間違われて、とんでもない事態に巻き込まれ…果たしてミケランジェロは無事年越しを迎えることができるのでしょうか。

第3章 ドナテロ
インターネットの掲示板で紹介された「超天才の集まる科学展」に忍び込んだドナテロ。天才発明家ハロルドについていくと、なんとそこにいたのはバクスター・ストックマンでした。自ら敵陣に入りこんでしまったドナテロはどうやって脱出するのか。さらに天才発明家ハロルドの正体にも注目です。

第4章 レオナルド
前世の記憶に思い悩むレオナルドにとつぜん襲いかかる忍者軍団。一人では太刀打ちできないと思いつつ、なにかひとつでもヒントを持ちかえろうと粘るレオナルドの前に立ちふさがるのはあの宿敵だった!

このように、アクションあり、コメディあり、SFあり、ドラマありの、バラエティ豊かな内容になっております。

タートルズの4人の絡みや、仲がいい姿がみたいのにソロ活動なんて!というファンの方も、もしかしたらいらっしゃるのではないかと思います。しかし、ソロ活動している間も、4人がいつも考えているのは兄弟のこと…「こんなことしたらレオ怒るだろうな」「こんなときラフならどうする?!」「ドニーが心配してるかも」「マイキーなら仲良くやりそうだ」などなど、一人になってみてより強く感じる兄弟の絆。そんな見方で本書を楽しんでいただけたら、きっと、みなさまご満足いただけるのではないかと思います。

本書は、「タートルズは読んだことないから、まずは短編集で」という方も、もちろんお楽しみいただける内容になっていますが、編集担当としては、やはり、『ミュータント タートルズ』VOL.1~VOL.3と合わせて読んでいただくのがオススメです。相乗効果でより深みのあるタートルズの物語を楽しむことができますよ!みなさま是非お手にとっていただけるとうれしいです。

最後に、12月に発売予定の『ミュータント タートルズ:アニメイテッド』を一足先にご紹介いたします!
ミュータント タートルズ:アニメイテッド
ケニー・バイアリー他[作]
ダリオ・ブリスエラ[画]
●2015年12月9日頃発売予定●
2014年に日本でもTV放送されていたアニメの世界がコミック化された新シリーズとなっており、これまでとは一味違う、カラフルで楽しいタートルズの大冒険が繰り広げられます。みなさま是非ご期待ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

また次回お会いしましょう。


(文責:太田素子)