2015年10月28日水曜日

9月新刊紹介『スペリアー』『マウスガード 1152年 冬』

こんにちは!

今日は9月発売の新刊コミック2タイトルをご紹介します。

まず1タイトル目はこちら!
現在、映画『キングスマン』がスマッシュヒット中のマーク・ミラー原作のコミック『スペリアー』です。
『スペリアー』
マーク・ミラー[作] レイニル・ユー[画]
定価:本体2,200円+税
◆好評発売中◆
作画を手がけるのは『スーパークルックス』でもタッグを組んでいるフィリピン出身の実力派アーティスト、フランシス・レイニル・ユー。日本では本作に先駆けて『スーパークルックス』を刊行しましたが、本国では、
2010年10月~2012年1月…『スペリアー』(全7号)
2012年3~8月…『スーパークルックス』(全4号)

の順で発表されています。

物語の主人公となるのは、サイモンという少年です。

驚くべきことにこのサイモン、マーク・ミラー作品の主人公とは思えないくらいに健気でまっすぐな、いい子なんです!

が、そんないい子に過酷な運命を用意してしまうのが、やっぱりマーク・ミラー、ですよね。

バスケチームのキャプテンとしても将来を期待されていたサイモンですが、多発性硬化症という難病を患い、歩くこともままならなくなってしまうのです。

彼に残された数少ない楽しみの一つが、スーパーヒーロー“スペリアー”の映画を見ること。

そんなサイモンのもとに、ある日、宇宙服を着た不思議な猿が彼の前に現われます。たった一つ、どんな夢でも叶えてくれるという猿に彼が告げた願いは“スペリアーになること”。

目が覚めると、なんとサイモンは映画で見たままのヒーロー“スペリアー”になっていました!

はたしてサイモンの夢は、世界に何をもたらすのでしょうか!?

本編の最後に、1978年に公開された映画『スーパーマン』の主演男優クリストファー・リーヴと監督リチャード・ドナーへの献辞が捧げられているように、本作はマーク・ミラーへのスーパーマンに対するリスペクトが詰まった作品となっています。

いつものマーク・ミラー作品に見られる痛烈な皮肉やバイオレンスな世界観はかなりおさえめ。痛快で、そこはかとなくじんわり沁みるヒーローものとして素直に楽しめる作品となっていますので、これまでマーク・ミラーはちょっと苦手……と思っていた方にもぜひ手にとっていただきたい一冊です!

* * *

さて、続いてご紹介するタイトルはこちら!
今年5月に刊行した『マウスガード 1152年 秋』の続編となるシリーズ第2弾『マウスガード 1152年 冬』です!
『マウスガード 1152年 冬』
デイビッド・ピーターセン[著]
定価:本体3,000円+税
◆好評発売中◆
ざっと世界観を理解していただくためにも、まずはこちらの予告編をご覧ください!

前作『1152年 秋』で起こったミッドナイト率いる“斧の軍”による叛乱で、充分な蓄えをせぬままに、寒気と氷雪の冬を迎えたマウスたち。マウス領は深刻な食糧・物資不足に見舞われ、この苦境を乗り切るために、サクソン、ケンズィ、リアム、セディ、そしてケラナウが外交使節として他のマウス居住区へ向かうことになります。

しかし、過酷な冬の旅路は、たとえマウスガードといえども生還の保証はありません。はたしてマウスガードたちは無事ロックヘイヴンへと帰り着けるのか……?

本作『1152年 冬』、前作以上になかなかへヴィーなストーリー展開になっています。また、それぞれのマウスガードたちの関係性も少しずつ変化しており、各キャラクターの謎に包まれた過去や秘めた恋心なども垣間見える内容です。

また、今回なんと帯に書評家の豊崎由美さんから、こんな素敵な推薦コメントもいただきました!

ページを繰る指が止まらないほど引きこまれる物語性と、
ページをめくるのを忘れ見入ってしまうほど素晴らしい画業。
理想の共同体とは? 本当の勇気とは? 気高い献身とは?
マウスたちが人間に教えてくれる、
これは『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』に匹敵する大傑作だ。

――豊崎由美氏(書評家)
絵柄のかわいさから子供向けとも思われがちですが、本作はむしろ大人にこそ読んでいただきたい上質なファンタジー作品。秋の夜長に(タイトルは『1152年 冬』ですが…)ぜひ楽しんでいただきたい一冊です。

それでは、本日はこのへんで。


(文責:澤田美里)

2015年10月21日水曜日

“アベンジャーズ”、その冒険のルーツを振り返るアート集!

「アメコミ魂」読者のみなさま、こんばんは!

先週はフランクフルト・ブックフェアに参加するため、ドイツに行っていました。

現地は日本に比べて、冬のような寒さ。朝晩は特に冷え込み、吐く息は真っ白。そんな気温とは対照的にブックフェアは世界各国から集まった人たちでものすごい熱気でした。

このブックフェア、なんと500年以上の歴史を有するそうです! 去年、行ったときはカメラを片手に街を散策する時間が少しはあったのですが、残念ながら今年はそのような時間をアレンジできず帰国となりました……。

さて、今回ご紹介するタイトルはアート・オブ・マーベル・シネマティック・ユニバースです。
『アート・オブ・マーベル・シネマティック・ユニバース』
ジェス・ハロルド/ジェイコブ・ジョンストン[著]
定価:本体4,600円+税
◆好評発売中◆
今年の7月に公開し、大ヒットを記録した「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」は記憶に新しいことと思いますが、本書はその地球最強チーム“アベンジャーズ”の冒険ルーツを振り返ることのできるアート集になります。

今や世界中で絶大は人気を誇るヒーローたちはどのようなプロセスを経て誕生し、変化していったのか? 

このコンセプトにもとづき、今までに出版されたマーベルのアートブックから厳選したコンセプト・アートやストーリーボードはもちろん、貴重なインタビューなどが収録されています。

それでは、『アート・オブ・マーベル・シネマティック・ユニバース』について簡単にその内容をご紹介します。

本書は、チャプター形式にて各アベンジャーズのメンバーを取り上げて構成されていることから、とても読みやすく、ピンポイントにそれぞれのキャラクターを調べたいときにも見やすくなっています。

・チャプター1 アイアンマン

アイアンマンは、そのアーマーが次々にアップグレードされているため、他のどのスーパーヒーローよりも大きな変化を遂げているのが良く分かります。

映画におけるその進歩は第1作目の「アイアンマン」から始まり、新しい映画ごとに新しい形のアーマーが登場してきましたが、その設定の背景にはトニー・スタークが実際に着用しているものだと信じられるデザインへの追求が随所に見られ、制作陣の工夫や努力を垣間見ることができます。

そのような視点で、あらためてアイアンマンのデザインを見てみるとフォルムの美しさだけでなく、機能性までもが一体化されとても合理的に出来ていることを再認識できます。

また、弊社より2013年8月に刊行しました『アート・オブ・アイアンマン』にも掲載のある、マーク1~マーク42までの全アーマーを見開きにて収録。色合い的にも、そのビジュアルも含め個人的にはマーク31“ピストン”が一番のお気に入りです。

・チャプター2 キャプテン・アメリカ

おそらく、アベンジャーズのメンバーのなかで一番コスチュームが派手なのではないでしょうか(笑)。
ヒーローネームが示すとおり、アメリカという国家のシンボルのようなその容姿はインパクトが強く、いかにもチームリーダーという印象を与えてくれます。

そんなスティーブ・ロジャースのコスチュームですが、興味深いことに原作コミックで誕生してから70年以上の間、さまざまな変遷を遂げてきているということです。

そのあたりにも豊富なイラストによって、フォーカスされており様々な角度からその詳細を知ることができます。

それと、キャプテン・アメリカといえばシールドこそ彼のトレードマークですね。シールドの試作品も多数掲載されており、現在のものがいかにシンプルなフォルム且つ最先端のテクノロジーとの融合であることが見てとれます。

・チャプター3 ソー

映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」でもクローズアップされた、印象的な武器こと、彼のハンマー“ムジョルニア”
あの重いハンマーを映画のなかでどのように扱っているかなど、そのバックシーンにも迫る解説は必読です!
劇中のソーのアクションを観れば、ムジョルニア絶対欲しくなる!?

・チャプター4 ハルク

緑の肌とビリビリズボンという、誰にでもおなじみの容姿を持つハルク。他のヒーローと大きく異なる、怪物という設定。

ハルクが怪物でありヒーローでもあるというところをいかに表現できるかというデザイン上、最も難しいテーマに試行錯誤する制作陣のイラストからは緊張感すら感じ取れます。

・チャプター5 ブラック・ウィドウ

優雅さを兼ね備えたブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフ。マーベル・シネマティック・ユニバースでのコスチュームデザインは黒い光沢感のあるタイトなものですが、優秀な暗殺者という一面を持つ彼女に見事にはまっている気がします。

さらに注目したいのは、作品ごとに進化している彼女の武器です。なかでも、ハイテク・ブレスレットについてはその構造など、詳細を見ることができます。

・チャプター6 ホークアイ

原作コミックの派手な紫のコスチュームと鳥のようなマスクとは、全く異なるデザインとして映画版のホークアイは描かれています。

その理由とは? コスチュームに秘められたエピソードをぜひお楽しみください。

そして、忘れてはいけないのが彼の武器である弓矢ですが状況に応じて使い分ける、様々な種類の矢尻も完全公開! 必見です。

・チャプター7 仲間たち

マーベル・シネマティック・ユニバースの人気を支えるのに欠かせないのが、アベンジャーズのヒーローたちと共に行動をする仲間たちです。

S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーウォーマシンマリア・ヒルファルコンといった仲間たちに関する情報が盛りだくさんです。

このように、原作コミックの設定は活かしながらも、時にはマーベル・シネマティック・ユニバースという世界においては、より各キャラクターたちに現実感を持たせるために思いきって大きな変化を導入するなど、その工夫やアイディアの数々に触れることのできるものとなっています。

コミックから実写映像化というプロセスの過程でベストな方法を見つけ出すというチャレンジを少し理解したうえで、映画を観たらきっと、また違った楽しみかたができるのではと思います。

来年公開予定の「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」に続き、今後も続々と公開予定のマーベル・シネマティック・ユニバース。

ぜひ、本書『アート・オブ・マーベル・シネマティック・ユニバース』を手にとっていただき、その進化しつづけるユニバースの理解をちょっとでも深めていただければ幸いです。

それではまた次回に。


(文責:渡辺直経)

2015年10月14日水曜日

まさかの作家デビュー!? 『デッドプールの兵法入門』

「アメコミ魂」読者の皆さま、こんばんは! こんにちは! おはようございます!

さてさて、先々週に引き続き、デッドプール新刊のご紹介です。

今回は、『デッドプール:モンキー・ビジネス』と同日発売の『デッドプールの兵法入門の魅力をお伝えしたいと思います。
『デッドプールの兵法入門』
ピーター・デイビッド[作] スコット・コブリッシュ[画]
定価:本体1,400円+税
◆好評発売中◆
本著、原題は『DEADPOOL'S ART OF WAR』といいまして、「ART OF WAR」とは、かの有名な古代中国の兵法家・孫子が記した兵法書『孫子』の英語タイトルです。直訳すれば、「デッドプールの『孫子』」ということになります。そのタイトルが示す通り、孫子本人から『孫子』を奪い取ったデッドプールが、同著を出版してひと儲けしようと企む物語。「『孫子』の関連本はいっぱい出版されているから目新しさがない」と、出版社からダメ出しされたデッドプールそれなら超実践編にしようということで、ロキをそそのかしてアスガルドと地球を巻き込んだ戦争を起こし、それを本にまとめるという、はた迷惑な計画を実行します。もちろん、それがきっかけで手痛い目に遭うのですが、その様子はぜひ本著を手に取ってお確かめください。

さて、本著で注目したいポイントは、その物語構成です。全体が4章で構成されていますが、物語の筋が孫子』の13篇に対応しながら進んでいきます。つまり、れっきとしたデッドプール作品でありながら、このコミックを読めば『孫子』の概観が理解できるという作りになっているのです。ビジネス書、リーダーシップ術、歴史書など、『孫子』を解説したり元にした作品は多数ありますが、デッドプールのハチャメチャな面白さと『孫子』を両立させた作品は、本著をおいて他にないでしょう。

この奇想天外なアイディアを物語としてまとめあげたのは、約12年(1987~1998年)にわたって『インクレディブル・ハルク』誌のライターを務めたピーター・デイビッド。他にも『アベンジャーズ:シーズン・ワン』(小社刊)などを手がけたベテランです。そして、読めば読むほど味わいが増すアートワークは、「マーベル・ナウ!」でスタートしたデッドプール第3シーズンでも画力をいかんなく発揮しているスコット・コブリッシュによるもの。

上記のような物語なので、他作品との関連性が薄く、しかもスパイダーマンハルク、映画が公開されたばかりのファンタスティック・フォーなど、いろんなヒーローがカメオ出演するのでお得感もばっちり。しかも、これだけ品質保証がされていながら、邦訳コミックとしては破格の本体価格1,400円! まさにアメコミ初心者が手に取るにはもってこいの作品。もちろん、これまでデッドプールの活躍を追いかけてきたファンの方々も、お腹を抱えながら笑って手に汗握ること請け合いです。

そのことを証明するように、発売から約1ヶ月が経ち、読者の皆さまからもご好評をいただいております。先日、関西の書店さんを視察して回ったのですが、発売直後に完売して追加注文をくださった書店さんや、欠品状態の書店さんがあったほどです。
喜久屋書店漫画館京都店様にて。
デッドプールを大きく展開してくれています!
デッドプール邦訳シリーズも本著で7タイトル目。徐々に数が増えてどれから読んでいいのか迷っている方は、まずこちらから始めてみてはいかがでしょうか?


(文責・山口大介)

2015年10月7日水曜日

アイズナー賞、ハーベイ賞、そして『サーガ3』

皆様、こんにちは!

小社より日本版を発売しているコミック『サーガ』が、先日アメリカで発表されたハーベイ賞で、なんと3を獲得しました! ということで今回は、アメコミ界隈でよく名前を聞く2大賞である“アイズナー賞”“ハーベイ賞”について簡単に説明しつつ、先月日本でも発売された『サーガ3をご紹介させていただきたいと思います。
『サーガ3』
ブライアン・K・ヴォーン[作]
フィオナ・ステイプルズ[画]
定価:本体1,800円+税
●好評発売中!●
アイズナー賞ハーベイ賞は、もともと一つの賞でした。マーベル・コミックスで数多くのスーパーヒーローを共同考案したことで知られる、コミック界の偉人ジャック・カービーの名前を冠して、1985から始まった“カービー賞”です。ところが、3年ほど続いたところで体制に変化が生じて、その結果1988からアイズナー賞ハーベイ賞という二つの、似たようなコンセプトの賞が始まることになったのです。ちなみに、どちらもコミック業界人による投票で決められています。

●アイズナー賞フランク・ミラーが映画化した『ザ・スピリット』で知られるアメコミ界のパイオニア、ウィル・アイズナーの名前を冠する。毎年7に行われるサンディエゴ・コミコンにて発表。 

『サーガ』の受賞は……
2015年→2「コンティニュイング・シリーズ」「アーティスト/ペンシラー/インカー」
2014年→3「コンティニュイング・シリーズ」「ペインター/マルチメディア・アーティスト」「ライター」
2013年→3「ニュー・シリーズ」「コンティニュイング・シリーズ」「ライター」

●ハーベイ賞アメリカを代表するユーモア誌『マッド』での活躍などで知られるカートゥニスト、ハーベイ・カーツマンの名前を冠する。ここ10年ほどは毎年89に開催されるバルチモア・コミコンにて発表。

『サーガ』の受賞は…… 
2015年→3「コンティニュイング/リミテッド・シリーズ」「アーティスト/ペンシラー」「カバーアーティスト」 
2014年→4「コンティニュイング/リミテッド・シリーズ」「アーティスト/ペンシラー」「カバーアーティスト」「ライター」
2013年→6「ニュー・シリーズ」「コンティニュイング/リミテッド・シリーズ」「シングル・イシュー/ストーリー」「アーティスト/ペンシラー」「ライター」「カラー」

ちなみに小社関連では、以下の作品/作家も今年のハーベイ賞を受賞しています!・「インカー」→ダニー・ミキ『バットマン:ゼロイヤー』を担当)
『バットマン:
ゼロイヤー 陰謀の街』
定価:本体2,000円+税
●好評発売中!●
・「グラフィック・アルバム・プレビアスリー・パブリッシュド
(※描きおろしではない、再録単行本)

 『マウスガード:ボールドウィン・ザ・ブレイブ&アザー・テイルズ』(未邦訳のシリーズ最新短編集)
『マウスガード 1152年 秋』
定価:本体3,000円+税
●好評発売中!●

・「バイオグラフィカル/ヒストリカル/
 ジャーナリスティック・プレゼンテーション(※コミック関連の出版物等)」→『タートルズ大全』
『ミュータント タートルズ大全』
定価:本体3900円+税●好評発売中!●
以前はアイズナー賞→メインストリーム寄りハーベイ賞→いわゆるオルタナティブ・コミック寄り、といった印象がありましたが、近年ではそういうジャンル分けもあまり意味をなさなくなったからか、それぞれの違いや傾向は見えづらくなっているようです。とはいえ、2012に創刊して以来これだけ毎年両賞の制覇が続く『サーガ』、やっぱりスゴい作品なんだなあと。それでは、そろそろ3のご紹介をさせていただきます。

宇宙を二分する“羽人”“角人”両方の種族からの逃避行を続けるアラーナ一家。それを聞きつけ、これは特ダネになるとふんだゴシップ紙の記者コンビ、アップシャードフが関係者に取材を始める。その一方で、賞金稼ぎザ・ウィルとその一行も、着々とアラーナたちに迫っていた。そうとも知らず、アラーナたちは二人が結ばれるきっかけになった小説の作者、オズワルドと交流を深める。賞金稼ぎプリンス元婚約者……さらにマスコミまで動き出すなか、宇宙のお尋ね者となったアラーナたちと追手との対決の時が迫る!

本巻の見どころの一つとして、新たに登場した記者コンビの動きがあります。羽人の支配圏にいる種族なのですが、記者として真実をつかもうとアラーナ周辺の人々に聞き込みをすることで、読んでいる側も自然に作品世界の一端が垣間見られる仕組みになっています。さらに小説家オズワルドとのやりとりから人々の内面的な部分を描いて、一見途方もない世界に思わせつつも、そのなかに住んでいるのは間違いなく“人”なんだと感じさせ、ますますこの世界についてもっと知りたい!物語の先が気になる!と思わせてくれます。

数多くの賞を獲得しているのも、たぶん単純に“おもしろいコミック”だからなのではないかと……ということで、まだお読みになっていない皆様にも、ぜひご一読をお願いしたい作品です!
ではでは、今日はこんなところで失礼します。


(文責:中沢俊介)