2015年8月26日水曜日

デッドプール×スパイダーマン×ハルク、三つ巴で大乱戦!

「アメコミ魂」読者の皆さま、こんにちは! こんばんは! おはようございます!

担当編集の山口です。今回はいきなり本題に入らせていただきますね。

紹介する作品は、本日発売の『アイデンティティ・ウォー:デッドプール/スパイダーマン/ハルク』です。
『アイデンティティ・ウォー:デッドプール/スパイダーマン/ハルク』
ジョン・レイマン[作] リー・ガーベット他[画]
定価:1,800円+税
●好評発売中●
どうですか?

もうタイトルをご覧いただくだけで、アメイジングでインクレディブルでチミチャンガ(?)な予感がしますよね。

そのタイトルが示すとおり、本書はデッドプールスパイダーマンハルクが共演するクロスオーバー作品です。2011年6~8月に発売された3冊のアニュアル(年刊号/『アメイジング・スパイダーマン・アニュアル』#38『デッドプール・アニュアル』#1『インクレディブル・ハルクス・アニュアル』#1)をまとめた単行本の邦訳版となります。 詳しいバックグラウンド解説は、翻訳者・高木亮氏の渾身のコメンタリー(本書に同封)に譲るとして、ここではその魅力の一端でもお伝えできたらと思います。

さて、あらすじをちょっとご紹介しますと、舞台は「アース11638」と呼ばれる異次元世界。ひょんなことからその世界に飛ばされたデップースパイデハルクの3人(ちなみに彼らが元々いた世界は「アース616」と呼ばれている正史世界)は、億万長者のピーター・パーカードクター・ドゥームそのまんまの見た目で裏社会を牛耳るデスマスク、地獄で鬼神化したハルクといった面々と遭遇。なぜ彼らはパラレルワールドにワープさせられたのか? その裏には恐るべき陰謀が隠されていた……とまあ、このような筋立てになっております。

本書では、パラレルワールドに迷い込んだ3人のストーリーが、それぞれの目線でエピソードごとに分けて語られます。元の世界とのギャップに悩むスパイディ、パラレルワールドをそれなりに楽しんで過ごすデップー、どんな世界だろうとお構いなしに暴れ回るハルク。当代きっての人気ヒーローが、各々のキャラクターを生かしつつ、三つ巴で化学反応を起こす様はクロスオーバーならではの醍醐味。しかも、パラレルワールドのスパイダーマン、デッドプール、ハルクが事態をややこしくするので、ストーリーが二転三転し、先の読めない展開で最後まで読者を引きつけます。

また、本書で描かれるエピソードは、各ヒーローの本編とは直接関係ないので、キャラクターの基本設定さえ押さえておけばすんなり物語世界に入っていくことができます。これからアメコミを読み始めたいと思っている人に入門編としてオススメしたい1冊です。もちろん、コアなアメコミ・ファンの皆さまも、バッチリ楽しめることは言うまでもありません。

ちなみに、先々週ご紹介した『デッドプール VS. カーネイジ』も本日発売。本書と読み比べてデッドプールの魅力の幅を味わうなんて読み方も楽しいかもしれませんね。

それでは、また次回!


(文責・山口大介)

2015年8月19日水曜日

オリジナル系コミック映像化情報と、『サーガ2』

みなさん、こんにちは!

マーベルやDCのスーパーヒーロー系コミックは、このところすっかり大作映画やテレビドラマの定番になって、日本でもコンスタントに見られるようになっていますが、その一方で、いわゆるスーパーヒーローものではない、オリジナル系コミック(出版社ではなく、作家自身が権利を持っているという意味で“クリエイターオウンド”と呼ばれたりもしています)も、いろいろと映像化に向かって動いているようです。ということで、今回はそんなオリジナル系コミックの、最近の映像化情報をまとめてみました(あくまで現時点のニュースということで……この先何か変更などありましたらご容赦ください)

●映画
◎名作コミック100バレッツ』、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の主演トム・ハーディ製作で映画化が進められることに!

ポール・ポープSFアクション『バトリング・ボーイ』にも映画化の話あり。監督は『ベイマックス』併映の短編『愛犬とごちそう』を監督してアカデミー短編アニメ賞を受賞したパトリック・オズボーン。

○同じくパトリック・オズボーン監督で、現在注目の女性コミック作家ノエル・スティーブンソンによる異世界ファンタジー『ニモーナ』も映画化予定。

○さらに上述のノエル・スティーブンソンがキャラデザや脚本に関わる、サマーキャンプを舞台にした愉快な冒険もの『ランバージェーンズ』にも実写映画企画あり。

●テレビドラマ
◎伝説のコミック『プリーチャー』セス・ローゲン『ブレイキング・バッド』脚本家らによってパイロット版制作中!

○ロバート・カークマン脚本のホラーコミック『アウトキャスト』、パトリック・フュジット主演、全10話予定で今月から撮影開始。

2010年と2013年にブルース・ウィリスをはじめとする個性派キャストで映画化されたRED/レッド』に、今度はテレビ化の話が。

○かつて日本でもコミック『ボーン』が発売されたジェフ・スミスSFノワールRASL。数年前に映画企画が発表されたが、テレビドラマ企画も進められることに。

○マーベル・コミックスのウルヴァリンやソー、そして最近のコミック版『スター・ウォーズ』などの仕事で知られるジェイソン・アーロン脚本による、南部を舞台にした犯罪もの『サザン・バスターズ』も企画進行中。

そして、このように注目を集めているオリジナル系コミックのなかでも、2012の創刊以来、アメリカで最高の評価と人気を保ち続けているのが、現在小社より刊行している『サーガ』です(映像化に関しては、作者のほうで最初から意図していないとのことらしいですが)
『サーガ 1』
定価:1,800円+税
●好評発売中!●
本作の華々しい受賞歴については、1巻発売時のブログでご紹介させていただきましたが、それに加えて、今年の7月にコミコンで発表された2015年アイズナー賞で、新たに以下の賞を獲得しました!

コンティニュイング・シリーズ部門3年連続) 
ペンシラー/インカー部門(フィオナ・ステイプルズ)※ライターのブライアン・K・ヴォーンは、新作『プライベート・アイ』でデジタル/ウェブ・コミック部門受賞。

さらに、同月に候補作が発表された2015年ハーベイ賞では、カバーアーティスト部門コンティニュイング/リミテッド・シリーズ部門ライター部門アーティスト部門ノミネート9のバルチモア・コミコンで発表される予定の結果が楽しみです。そして著者二人の近況としましては……

・アーティストのフィオナ・ステイプルズは、ライターのマーク・ウェイドと組んで、1940年代から一貫した作風で続けられてきた古典的コミック『アーチー』のリブートを担当して好評を博す。

・ライターのブライアン・K・ヴォーンは、映画『マトリックス』のコンセプトアーティストでもあったスティーブ・スクロスと組んで、アメリカの侵略に遭った100年後のカナダを描く『ウィ・スタンド・オン・ガード』を創刊。  
……と、ますます充実した活動を続けています。

それでは、今月発売される『サーガ2のあらすじをご紹介させていただきます。
『サーガ 2』
ブライアン・K・ヴォーン[作] フィオナ・ステイプルズ[画]
定価:1,800円+税
●好評発売中!●
現れる両親婚約者……そして明かされる二人の出会い――。生まれたばかりの愛娘ヘイゼルを連れて、逃避行を続けるアラーナとマルコ。宇宙を二分する種族の両方から追われ、賞金稼ぎや怪物から逃れてきた一家の前に立ちふさがったのは……夫マルコの両親!? 敵対する種族でありながら夫婦となった二人は、果たして親の理解を得られるのか? さらに、マルコの婚約者だったグェンドリンまで追っ手に加わって……。

二人のなれそめも明かされる注目の第2巻となっています。スーパーヒーローもの以外にも多彩なジャンルを誇るアメコミ。そのなかでも現時点でベストといってよい作品『サーガ』……3巻の発売も近い『サーガ』日本版の応援をどうぞよろしくお願いいたします!
『サーガ 3』
定価:1,800円+税
●9月16日頃発売●
それでは、今日はこんなところで失礼いたします。


(文責:中沢俊介)

2015年8月12日水曜日

デップー、今度は最凶のシンビオート・カーネイジと激突!

「アメコミ魂」読者のみなさま、初めまして!

ネバーランドに迷い込んだまま出口を見失ったピッカピカの小学30年生、山口大介です。

これまで、映画雑誌やエンタメ雑誌、書籍などの編集を経験し、この度ご縁があってアメコミの殿堂・ShoPro Booksの一員に加わりました。ハードコアな読者の多い本サイトで執筆するということで緊張していたところ、ボスの不意を突く予告ツイートがあり、一層ビクビクしております。どうか、お手柔らかにお願い申し上げます。

さて、今回初めて「アメコミ魂」を担当させていただくので、私とアメコミの出会いについて軽くお話すると、思い返すこと20年ほど前、私が高校生の頃、マクファーレン・トイズ製の『スポーン』フィギュアが一大ブームになりました。それをきっかけにアメコミ・ファンとなった私は、ベインの生い立ちに涙し、ジョン・コンスタンティンの煤けた背中から人生の意味を感じとるピーターパン風味の中年に成長、現在にいたります。ちなみに、最近のお気に入りはシンビオート全般。いかついルックス、正気と狂気の間で揺れ動くキャラクター、縦横無尽に暴れまわる触手……タマりません。

「アメコミ魂」読者の皆さまはご存じかもしれませんが、シンビオートといえば、スパイダーマンがうっかり地球に持ち帰ってしまった宇宙寄生生物のこと。ブラックスパイダーマンから分裂し、ヴェノムカーネイジトキシンスコーンなど多くのキャラクターが繁殖。時にはヒーロー、時にはヴィランとあちこちで騒動・事件を起こしております。

とまあ、なんで私の身の上話からシンビオートの件に話題を変えたかと申しますと、今回ご紹介させていただく作品が『デッドプールVS.カーネイジ 』だからでございます。本稿では、小社より8月26日に発売される本書の魅力を、少しばかりご紹介できたらと思います。
『デッドプールVS.カーネイジ』
カレン・バン[作] サルバ・エスピン他[画]
定価:1,800円+税
●2015年8月26日発売予定●
本書は、年刊号『スペリアー・カーネイジ・アニュアル』#1(2014年4月)と、ミニシリーズ『デッドプールVS.カーネイジ』#1-4(2014年6~8月)をまとめた内容になっており、既刊の『デッドプール:スーサイド・キングス』『デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス』『デッドプール:デッド・ヘッド・リデンプション』(3冊すべて小社刊)などよりも後のエピソードが語られます。

タイトルからもおわかりいただけるように、今度のデップーのお相手はカーネイジ。殺人鬼、クレタス・カサディシンビオートが寄生して生まれた凶暴極まりないヴィランです。クロスオーバー・イベント『マキシマム・カーネイジ』(1993年5~8月)では、スパイダーマンヴェノムキャプテン・アメリカなど、多くのヒーローを相手に暴虐の限りを尽くした問題児であります。その詳細は、本書付属の解説書に年譜(翻訳者・高木亮氏による力作!)としてまとめてありますので、ぜひお手に取って確かめてください。

頭のネジがユルんだデップーと、そもそも頭にネジ穴すらないカーネイジ。そんな〝二狂〟がクロスオーバーするワケですから、事態は加速度的にトンデモない方向へと発展していきます。

分離されていたクレタスカーネイジが、再び融合し刑務所から脱走したことをきっかけに物語は始まります。逃亡の道すがら、衝動のおもむくままに殺人を繰り返すカーネイジ。その事件をたまたまTVのニュースで目にしたデップーが、「カーネイジを殺すことが俺ちゃんの使命!」という天啓を受けて(電波を受信して)追跡を開始。そして、カーネイジの恋人・シュリークも参戦し、バイブル・ベルト(アメリカ中西部から南東部にかけて広がるキリスト教原理主義者が多く住むエリア)を血で染め上げる戦いの火ぶたが切られます。

〝再生可能で更正不可能〟なデッドプールと究極のサディスト・カーネイジ。両者が繰り広げるエクストリームなバトルは、まさに手に汗握る大スペクタクル。しかし、本書の見どころはそれだけではありません。近年、映画・ドラマなどでよく描かれるレッドネック(保守的な白人貧困層)の描写が、本書にはチラホラと出てきます。アメリカの暗部が舞台立てとなって、作品にノワールな雰囲気を与えているのです。大ヒット犯罪ドラマ『ブレイキング・バッド』などで描かれた世界観がお好きな方も、きっと本書を楽しめるハズです。

従来のデッドプールの〝冗舌さ〟を楽しめるだけでなく、ホラー、ノワールのテイストまで感じさせる『デッドプールVS.カーネイジ』。その多層的な魅力を存分に味わってください!


(文責:山口大介)

2015年8月5日水曜日

史上最悪のヒーローチーム!「フォーエバー・イービル」!

みなさん、こんにちは!

今年のアメコミ映画といえば、やはり『アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン』をはじめマーベル勢が熱い印象ですが、アメリカではコミコンあたりからいよいよDC映画の新情報が続々と解禁されるようになっています。来年3に日本でも公開予定の『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』はもちろん、ついにトレーラーが公開された『スーサイド・スクワッド』、そしてまだ撮影には入っていませんが、『ワンダーウーマン』ではクリス・パインが、ヒロインの恋人スティーブ・トレバーを演じるらしいと報じられたり……。

もちろんテレビドラマのほうは依然好調で、すでにシリーズ化が決まっている新作だけでも、本国では今年の秋から『スーパーガール』、来年には『ルシファー』『レジェンズ・オブ・トゥモロー』と目白押し! とくに『アロー』&『フラッシュ』からさらにスピンオフした後者では、ファイヤーストームアトムホークガール、そしてタイムトラベラーのリップ・ハンターなどがチームを組んで、不死身のヴィラン、ヴァンダル・サベッジと戦うという、少し前ならテレビドラマで見られるなんて信じられなかったストーリーになるようです。

そんなアメリカでのDC界隈の勢いに負けないよう、小社でも日本版コミックの出版を盛り上げていきたいと思っております!
『フォーエバー・イービル(THE NEW 52!)』
定価:本体2,400円+税
●好評発売中!●
……ということで、今回は物語の盛り上がりという点では決して負けていない新刊『フォーエバー・イービル』をご紹介させていただきます。前巻『ジャスティス・リーグ:トリニティ・ウォー』衝撃のラストシーンを受けての本作のあらすじは……

史上最悪のヒーローチーム登場! 世界への侵攻を開始した悪の組織クライム・シンジケート。彼らはその圧倒的な力により、アーカム・アサイラム、アイアンハイト、ブラックゲート、ベル=レーヴなどの収容所を襲撃し、服役中の犯罪者たちを解き放った。誰もがジャスティス・リーグの到来を祈る絶望的な状況だが、彼らは姿を現さない……。ヒーローたちはどこへ行ってしまったのか? クライム・シンジケートに立ち向かう者は他にいるのか? ついに世界は悪の手に落ちてしまうのか……!?
『ジャスティス・リーグ:
トリニティ・ウォー
(THE NEW 52!)』
定価:本体2,800円+税
●好評発売中!●
『トリニティ・ウォー』
ジャスティス・リーグ
ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ(政府直轄のチーム)
ジャスティス・リーグ・ダーク(魔術系のチーム) 
というヒーローチームが三つ巴の争いを繰り広げるクロスオーバーでしたが、本作の主役は……タイトルとカバーのイラストどおり……ヴィラン! 前作では、シークレット・ソサエティというヴィランのチームが暗躍していましたが、本作の焦点になるのはクライム・シンジケートインジャスティス・リーグという、二つのヴィランチームになります(後者に関して、じつは作中ではっきりそう名乗っているわけではないのですが、実質的&便宜的ということで、ご容赦いただければと)

まず、クライム・シンジケート善悪が逆転した並行世界アース3のチームで、メンバーとしては……
ウルトラマン(スーパーマン)
オウルマン(バットマン)
スーパーウーマン(ワンダーウーマン)
パワーリング(グリーンランタン)
ジョニー・クイック(フラッシュ)
 などのキャラがいます(括弧内は対応するヒーロー)

ヒーローが逆転すると、どのようなヴィランになるのか……ぜひご注目ください!

そしてインジャスティス・リーグのほうは元の世界アース0(プライムアース)のヴィランチームなのですが、レックス・ルーサーからはじまり、どのように、どんなメンバーが仲間に加わっていくのかが見どころになっています。

『フラッシュ:新たなる挑戦』にも登場したローグズをはじめ、DCユニバースの隅々から集うさまざまなヴィラン。一方ヒーローたちはかつてないほどの苦境に追い込まれます。物語はどのような結末を迎えるのか……さまざまなキャラクターのその後の運命を揺るがせることになった劇的な展開を、ぜひその目でお確かめください!
『JLA:逆転世界』
定価:本体1,800円+税
●好評発売中!●
そして、『フォーエバー・イービル』を読んでもっとクライム・シンジケートの活躍が読みたい!と思ったみなさんにおすすめなのが、小社より以前刊行されたJLA:逆転世界』。ニュー52以前の物語になるのですが、JLAクライム・シンジケート(・オブ・アメリカ)の驚くべき出会いを、グラント・モリソンフランク・クワイトリーという名コンビが描いた、奇想に満ちた逸品です!

ではでは、今日はこんなところで失礼します。


(文責:中沢俊介)