2015年5月25日月曜日

米DC映像展開まとめと『ノーマンズ・ランド2』!

みなさん、こんにちは!

伝説の名作2『バットマン:ノーマンズ・ランド2がいよいよ日本版発売!
『バットマン:ノーマンズ・ランド2』
グレッグ・ルッカ他[作]
マイク・デオダート・ジュニア他[画]
定価:本体4,000円+税
●5月27日発売●
ということで、今回はアメリカにおけるDCコミックスの他メディア展開の動向をまとめてみました。

■映画■ 
『バットマンvスーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス』20163米公開予定。撮影はほぼ終わって、1ヶ月ほど前についに予告編も公開。

『スーサイド・スクワッド』20168米公開予定。ウィル・スミス(デスストローク)ジャレッド・レト(ジョーカー)マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン)福原かれん(カタナ)などが出演。監督は『フューリー』のデヴィッド・エアー。ただいま撮影中で、主要キャストの集合写真や、ジョーカーの全身タトゥー姿が公開されたりと、期待が高まっています。

LEGOバットマン・ムービー』20172米公開予定。2013年にもLEGOバットマン:ザ・ムービー〈ヒーロー大集合〉』がオリジナルビデオとして発売されていますが、こちらは去年公開された映画LEGOムービー』のスピンオフ。

・その他:劇映画ではありませんが、白血病を患った少年がバットマンになる、感動のドキュメンタリー映画『バットキッズ・ビギンズ』6米公開予定となっています。

■テレビ■
CW
『フラッシュ』→第1シーズンが先週終了。第2シーズンではマルチバースが描かれる予定と、主演のグラント・ガスティンがコメント。

ARROW/アロー』→第3シーズンが今月終了。第4シーズンは今秋スタート予定。

DCズ・レジェンズ・オブ・トゥモロー』→『アロー』と『フラッシュ』がさらにスピンオフ! アトム、ファイヤーストーム、ホークガール、リップ・ハンターなどが登場するトレーラーもすでに公開。来年スタート予定。

『アイゾンビ』→第2シーズン制作決定。

FOX
『ゴッサム』→第1シーズンが今月終了。第2シーズンではクレイフェイスやマッドハッターが登場予定とのこと。

『ルシファー』『サンドマン』のスピンオフ作品が、ジェリー・ブラッカイマーレン・ワイズマン(映画『アンダーワールド』)製作でテレビシリーズ化。来年スタート予定。トレーラーも公開!

CBS
『スーパーガール』11スタート予定。トレーラーが先々週公開されました。 

AMC
『プリーチャー』→伝説のコミックがセス・ローゲンエヴァン・ゴールドバーグ(映画『ザ・インタビュー』)サム・キャトリン(『ブレイキング・バッド』)らによってドラマ化! ドミニク・クーパー主演で来年放送に向けて制作中。コミック史に残る驚異のキャラ“アースフェイス”も登場!

●その他:NBC『コンスタンティン』1シーズンで終了してしまいましたが、ティーン・タイタンズのテレビ版『タイタンズ』は、TNTがパイロット版制作に向けて準備中とのこと。

他にも、ゲームではロックステディスタジオのシリーズ第3『バットマン:アーカム・ナイト』の発売が迫り、オリジナルアニメとしても、動物系ヴィランをフィーチャーした『バットマン・アンリミテッド:アニマル・インスティンクト』ブルース・ティムも参加した並行世界もの『ジャスティス・リーグ:ゴッズ・アンド・モンスターズ』など、注目作が続々と……。劇場映画こそ2013年の『マン・オブ・スティール』REDリターンズ』以来ごぶさたですが、2012年にARROW/アロー』が始まって以来、CWのテレビドラマではスピンオフやクロスオーバーで着々と独自のDCユニバースが育っていて、まったくすごい時代が来たものだなあと。日本でも、一つでも多く楽しめるようになってほしいところですね。

それでは、そろそろ『ノーマンズ・ランド2のご紹介を。昨年発売された1に続き、大地震によって法と秩序が失われ、政府にも見捨てられたゴッサムシティを多面的に描いた本シリーズ。前巻ではほぼ孤軍奮闘状態だったバットマンでしたが、2では、ついにゴッサムシティ外にいたバットファミリーに召集をかけます――つまり、ナイトウィングロビン(ティム・ドレイク)キャットウーマンなどおなじみの面々がようやくゴッサムに足を踏み入れるのです。
『バットマン:ノーマンズ・ランド1』
ボブ・ゲイル他:[作]
アレックス・マリーヴ他[画]
定価:本体4,200円+税
●好評発売中!●
そして、血気盛んな少年ヒーローチーム“ヤング・ジャスティス”まで登場!――ちなみにヤング・ジャスティスとは、ロビンスーパーボーイ(コナー・ケント)インパルス(バート・アレン)を中心に当時1999年)結成されていたチームで、さらにちなみに、その頃ナイトウィングフラッシュ(ウォリー・ウェスト)サイボーグスターファイヤーチェンジリングといったティーン・タイタンズの定番メンバーは“タイタンズ”というチームに在籍していました。

こうしてヒーローも出揃い、いよいよ盛り上がってきた『ノーマンズ・ランド』第3巻ではキラークロックベインジョーカー&ハーレイ・クインといった強力なヴィランが物語にからんできます。とはいえ3巻の発売はもう少し先。それまで500ページ超2をじっくりお楽しみください。

ではでは、今回はこんなところで失礼します。
 


(文責:中沢俊介)

2015年5月18日月曜日

話題の本格ファンタジー『マウスガード 1152年 秋』

こんにちは!

今回は、5月27日頃に発売となる新刊コミック『マウスガード 1152年 秋』をご紹介します。

本作『マウスガード』は、2006年2月にリーフレットで刊行が開始され、現在までに『マウスガード 1152年 秋』『マウスガード 1152年 冬』『マウスガード 黒の斧』の3巻の単行本が発売されている人気コミックシリーズです。

2008年には、アイズナー賞のベスト子供向け出版賞ベスト・グラフィック・アルバム(リプリント)賞をW受賞し、話題となりました。

ちなみに、本作は2008年にテーブルトークRPGとしても発売されており、「マウスガード」の名前は、日本でも愛好家の間では以前からよく知られていたようです。(残念ながら、TRPG日本語版の発売の予定はまだないようですが……)
テーブルトークRPG……ゲーム機などのコンピューターを使わずに、紙や鉛筆、サイコロなどの道具を用いて遊ぶロールプレイングゲームのこと。

さて、この話題のコミック、いったいどういうお話なのかというと、描かれるのは、過酷な環境で生きるネズミたちを捕食者(ヘビやフクロウなど)たちから守るため立ち上がった勇敢なるネズミの剣士“マウスガード”の物語……

そう、この物語の主人公は「ネズミ」なのです!
マウスガード 1152年 秋
デイビッド・ピーターセン[著]
定価:本体3,000円+税
●2015年5月27日頃発売予定●
主な登場キャラクターを簡単にご紹介します。

●ケンズィ(カバーイラスト中央:青マント)
年齢31才。忍耐強く穏和な性格のパトロールの隊長。先のイタチ大戦を経た古強者で、ガードマウスとして幾多の冒険や苦難を経験している。親友のサクソンとの信頼は深く、性格は正反対ながら、事を起こす際には常にサクソンと相談する。

●サクソン(カバーイラスト向かって右:赤マント)
年齢28才。剛直で激しい気性の持ち主で、マウスガードの中でも武勇の腕で名高い。パトロールの隊長となるのに十分なキャリアを持つが、親友のケンズィのパトロール隊に残り続けるために昇格の機会を見送っている。

●リアム(カバーイラスト向かって左:緑マント)
年齢19才。2年前のイタチ大戦におけるフェルンデイル防衛戦でその腕前を示した若きガードマウス。しかし、荒っぽい戦い方をするため、サクソンとケンズィのもとで訓練を受けている。

●セディ
年齢26才。フロスティック海岸からやってきた女性巡視兵。

●グウェンドリン
ネズミたちの共同体を守る城塞ロックヘイヴンの指導者で思慮深き女性。

今回発売となるシリーズ第1巻『マウスガード 1152年 秋』では、ケンズィ、サクソン、リアムの腕利きのマウスガードたちが城塞ロックヘイヴンを旅立ち、行方不明になっている穀物売りの捜索に向かうところから始まります。やがて、その穀物売りによって門外不出のはずのロックヘイヴンの地図が
流出していたことを知った3匹は、裏切りの実態を掴むため、バークストーンという街へ向かうのですが……。はたして3匹はロックヘイヴンに迫る危機を回避することができるのか? 裏切り者の正体とは?

上記のキャラクター紹介やあらすじを読んでいただければわかる通り、裏切りや陰謀、さまざまな外敵の脅威に満ちたシリアスなストーリー展開が特徴で、かわいらしい絵柄に反して、決して単純な「子供向け」などではない、大人が読むに耐えうる本格ファンタジー作品となっています。また、中世ヨーロッパを思わせる重厚な世界観や、詳細な地図、マウスたちがどのように生活しているかが垣間見える巻末の資料も見どころのひとつ。

日本初上陸となる話題作『マウスガード 1152年 秋』、発売をどうぞお楽しみに!

公式サイト(英語)では、詳しいキャラクター紹介や地図に加え、
テーマ音楽や壁紙の配布なども行っています。ぜひあわせてご覧ください!


(文責:澤田美里)

2015年5月11日月曜日

“リル” の仲間にまた会える!

「アメコミ魂」読者のみなさま、こんばんは!

今月は新刊タイトルが4冊あります!

簡単にご紹介しますと、

その1
伝説を目撃せよ! バットマン史上に残る壮大な叙事詩、第2巻!
『バットマン:ノーマンズ・ランド 2』

その2
話題のアイズナー受賞作がついに日本初上陸!
『マウス・ガード 1152 秋』

その3
いまアメリカで最高の人気を誇る新世代コミック!
『サーガ 1』

そして、その4が今回ご紹介する『バットマン:リル・ゴッサム 2』です!
『バットマン:リル・ゴッサム 2』
ダスティン・グエン[作・画] デレク・フライドルフス[作]
定価:(通常版)本体1,800円+税
定価:(特装版)本体2,300円+税
●5月26日頃発売●
本作品は、今年の2月に発売しました『バットマン:リル・ゴッサム 1』の第2巻になります。

今回もストーリーは、“リル版”ゴッサムシティの四季折々なイベントにバットファミリーが大活躍!

登場キャラクターは、バットマン、ロビン、ナイトウィング、オラクルたちいつものメンバーに加えて、今回はアクアマン、ブラックキャナリー、ホーク&ダブ、フラッシュも出てきて大騒ぎ! 

もちろん、ジョーカー、トゥーフェイス、クレイフェイスといったおなじみのヴィランたちも本誌でしか見れない、キュートな姿でお目見えします。

第1巻では、ハロウィンに始まって、サンクスギビング・デイ、クリスマス・イブ、大晦日、バレンタインデーといった1年を通じた祝日をテーマにストーリーが展開されました。
それでは、第2巻にはどんなお話が収録されているのでしょうか……

水無月→テーマが表しているとおり、日本が舞台のお話です。水無月とは日本での6月の別名ですが、東京湾に巨大な怪獣が2匹現れた!? 水といえば、あのヒーローの登場です! バットファミリーは日本を無事、怪獣の攻撃から守ることはできるのか!? ラストにはダミアンと女子高生とのやりとりも!

独立記念日→ジョーカーがアーカム・アサイラムからの独立を祝おうってことで、ヴィランたちにありったけの花火をかき集めさせることに! 
しかも、ペアを組んで対抗戦にしたほうが燃えるということでペンギンとアイビー、ベインとファイヤーフライ、キラークロックとロキシー・ロケット、ソロモン・グランディとマッドハッターの組み合わせでペアを組むことに! 肝心なジョーカーは「オレにはこいつがいるから…」って、ハーレイ・クインを自ら選びます。(なかなかの男気ですね。)
残ったトゥーフェイスは……そう、一人で二人役。さて、バットマンはこの危険な火遊びを食い止めることが出来るのか!?

南国へバカンス→いつもゴッサムのことを気にかけているブルースですが、8月は犯罪もオフシーズンということで休暇を取って旅に出かけます。アルフレッドの粋なはからいもあって、一緒に旅するのはキャットウーマンこと、セリーナです。
海中で宝の地図らしきものを見つけたセリーナですが、宝のありかを示した場所には……。
休暇といっても、ゆっくりできないのがバットマンの宿命でしょうか。

バットマンが休暇中のゴッサム→バットマンが休暇中、ゴッサムを任されたダミアン。ペンギンによる宝石強盗計画を阻止することに! 友人のコリン・ウィルクス、ホーク&ダブも登場!

ゴッサム・コミコン→アメコミ魂読者のみなさんはご存知かと思いますが、コミコンとはコミック・コンベンションの略で、文字通り漫画などの大衆文化に関するコンベンションです。ひょんなことから、そんなゴッサム・コミコンにバットマンとロビンが来場!
アーティスト・アレイ(作家ブース)には、本書著者のダスティン・グエンデレク・フライドルフスの姿も! どこで出てくるのかお楽しみに!

労働者の日→ゴッサムの犯罪者ご用達の大工、通称“カーペンター”のジェナ・ダフィにスポットを当てたお話です。仕事を休んで、ずっと先延ばしにしていた用事に取りかかろうとするのですが、バットマンが悪人を片っ端からやっつけちゃうもんだからヴィランから修理依頼の電話が鳴り止まない……。

落ち葉の季節→ポイズン・アイビーにとって、秋は四季で一番嫌いな季節。そう、紅葉で木の葉っぱも舞い落ちてしまいます。そんな、、ちょっぴりおセンチなポイズン・アイビーをハーレイやキャットウーマンが元気づけてあげようとしますが……。
移りゆく季節とともに、様々な感情をもつアイビー。どこをとっても本作は絵本のようなアートが特徴ですが、特にこのアイビーの回は、その美しい色使いは見逃せません!

ウェイン邸の奥深くに潜む謎とは…?誰も使っていないはずのウェイン邸にある東棟。まるで、ミイラ博物館のようなこの場所でダミアンが夜中に見た光景とは!? レッドロビン、カタナも加わりその謎の解明に挑む!

諸聖人の日→ハロウィンの翌日である、11月1日の諸聖人の日を題材にしたお話。バットウィングが故障したことから砂漠をさまようことになったバットマンとロビン。
そこで出会ったのはアズラエル! 聖デュマ教団の墓地という土地でゾンビとして蘇った騎士たちを前にどう立ち向かうのか!?

サマータイムの最終日時計の針を1時間戻すことになる、11月のお話。時間に関係するヴィラン、そうクロック・キングの登場です!

サンドイッチの日→サンクスギビングデイがある11月のもうひとつの記念日である、サンドイッチの日。本作で初登場のヴィラン、ミス・サンドイッチ、グランブラー、ポテト・チャップスにご注目!

クリスマス→やっぱり祝日の最後を飾るのはクリスマスですね! いろんなキャラクターの魅力的なエピソードは本書を締めくくるのに相応しい内容です。

このように、第2巻も楽しい物語がたくさん収録されています。
いつものシリアスなバットマンシリーズも良いですが、本書の心温まるストーリーや絵本のようなアートはまた違った面白さを発見できるはずです!

また、本書はコミックのみの展開に留まらず、DCコレクティブルからアクションフィギュアが発売されたり、日本ではコトブキヤさんからもバットマン、ロビン、ジョーカー、キャットウーマン、ハーレイ・クイン、ポイズン・アイビー、そしてナイトウィングの人気者7名を、ビンテージ消しゴム風なレトロスタイルのミニフィギュアにした「バットマン:リル・ゴッサムミニフィギュア」が発売されます!

そして、上記フィギュアのラインナップにはない“立ち膝ポーズのバットマン”フィギュアとコミックをセットにした『バットマン:リル・ゴッサム 2(特装版)』も同時発売です!

しかも、特装版の同梱フィギュアの成型色はレアなフレッシュ(肌色)を採用!
ぜひ、特装版もチェックしてみてください!

他にない、溢れる魅力をキュートな姿に詰め込んだ“リル”なキャラクターたちが大活躍する『バットマン:リル・ゴッサム 2』は5月27日頃発売です!

それではまた次回に。


(文責:渡辺直経)

2015年5月4日月曜日

アラン・ムーア初挑戦~着任早々『プロメテア1』を読む。

「アメコミ魂」読者の皆様、はじめまして。

4月より新メンバーとなりました“スミー(SMEE)”こと住友憲二です。
今回が初寄稿ですので、少しだけ自己紹介させていただきます。

私は、テレビ番組の制作に10年以上携わり、その後、いくつかの業務を経て、この4月よりこちらに配属されました。趣味はゴルフ麻雀。麻雀にはそこそこ自信があります。歳は中年。お酒は飲めないのですが、わりとベーシックなおじさんです。

正直に申しますと、アメコミのことはまだよくわかっておりませんが、あえてアメコミと自分との接点を挙げますと、弊社が日本語版の製作をしたアニメ『ミュータント タートルズ』(2003年版シリーズ)では、プロデューサーを務めていました。ご存じのとおり、タートルズの原作はアメコミです。当時は、まさか自分がアメコミ邦訳版を編集する部署に配属されるなんて思ってもいませんでした。ですが、今年の初めに『ミュータント タートルズ大全』が刊行され、そして春にはその部署に自分が配属される……なんとなくタートルズやアメコミに縁を感じてしまいます。まだ不慣れではありますが、今後ともよろしくお願いいたします。

配属されて1ヶ月しか経っておりませんが、編集部に送られてくる愛読者ハガキにはすべて目を通しています。私が想像していた以上に若い読者が多かったのが印象的です(もちろん20年前からずっと購読していただいている心強い読者諸氏もいらっしゃいます)。私が見たなかでは、半数以上10代~20代だったことにビックリしました。女性ファンが多いということにも驚きです。逆に、私のようなおじさんからのハガキは少なかったような気がします……お便りお待ちしております!

私はハガキを読みながら、ふと思いました。アメコミを通らなかった40代~50代の方たちにもアメコミを読んでほしい、昔は読んでいたけど最近のアメコミから遠ざかっている方々にももう一度読んでほしい……と。そこで、中高年のアメコミ初心者を代表する私が「アメコミ」の話をすることで、私と同世代の方たちに、
アメコミを読むのは今からでも遅くない!
解釈は自分なりの解釈で良い!
ということを伝えることができたら、素晴らしいことではないかと考えました。このブログを通して、どこまでお伝えできるかは未知数ですが、どうか温かい目で見守ってください。
※「解釈は自分なりの解釈で良い」。これはアメコミに限らず、あらゆる文学と仲良く付き合っていくためのポイントです。

さて、そんな私が今から読む、記念すべき最初の作品がこちら『プロメテア1』



プロメテア1
アラン・ムーア[作]J・H・ウィリアムズⅢ[画]
定価:本体3,200円+税
好評発売中!
作者のアラン・ムーアアメコミ界の巨匠だそうです……が、そんなこと私は知りません。無知だから言えることなのでしょうが、知らないものは知らないのです。ネットで検索したら色々出てきますが、これ以上先入観を持ちたくないので、まず作品から入ります。

その前に、なぜ最初に読むのがこの作品なのか……疑問に思いました。同僚から「アメコミのこと勉強したいんだったら、とりあえずムーア作品だろ」ということで、この作品が机にポンと置かれたのですが(泣)……はたしてアメコミ初心者の自分でも気軽に読める、楽しい作品なんだろうか……。 

では、読みます。

むむむ…約2時間>
  ↓
 【夕食】
  ↓
これは……約2時間>
  ↓
 【お風呂】
  ↓
おおお!……約2時間>

 《全6時間

ぷはー、読みました、読みました。かなりお腹いっぱいです。 

アラン・ムーアが伝えたかったメッセージが正確に私に伝わっているかどうかはわかりませんが、作品として純粋に面白かったです。さすが「巨匠」と称される人の作品ですね(なんて、偉そうに言える立場じゃないんですけど、あくまでも個人の感想として……)。あのボリュームですから、初めは少し引いていたのですが、意外にすんなり読むことができました。

ただ、この作品はある程度の人生経験があったほうが楽しめる作品だと思いました。ネタバレになってしまうといけないので、抽象的な言い方になって恐縮ですが、作中に出てくる「想像世界」や「性」に関する表現や考え方が、かなり深く掘り下げられているので、様々な経験をした中高年である今だからこそ、吟味しながら読むことができたような気がします。10代の頃の私がこの作品を読んでいたら、どう感じたのでしょう……おそらく、当時の私では、あまりに馬鹿すぎて、この深い話を理解できなかったのではないでしょうか(笑)。同僚がなぜこの作品を私に薦めたのか、少しだけ理解できました(単純に「獅子の子落とし」だったのかもしれませんが……)。私の勝手な解釈ですが、この作品は中高年の方々にお薦めの作品、もとい、大人も楽しめる海外コミック作品でした。

アメコミの楽しみ方の一つとして、作中に使われている他作品のパロディなどがあるそうですが残念ながら、今の私にはまだそれを楽しむ知識がありません。そういう意味では損をしているのかもしれません。しかし数年後、またこの作品を読み返す時、「あぁ、このシーンはあの作品のパロディだったのか」と気付かせてくれることもあると思います。そんな日を楽しみにしつつ、今回はこのへんで……。

あ、ちなみに私の「アメコミ魂」ネーム“スミー(SMEE)”ですが、『プロメテア1』の作中(p.020)に出てくる、黒い悪魔っぽいキャラ“SMEE:Semi-Mindless Elemental Entity(半知性霊的実体)”からいただきました。

中高年のみなさん、アメコミは奥が深くて面白いですよ。



(文責:住友憲二)