2014年6月30日月曜日

予備知識ゼロで名作『リトル・ニモ』を読んでみた

こんにちは!

今日で6月もオシマイ、ということで社会人の方は忙しい一日だったのではないでしょうか。学生の皆さんはそろそろ試験期間ですね。夏休みまであと少し、がんばってください。

さて、前の担当回はまったく自由なブログにしてしまいましたが、脱線を元に戻して、刊行予定の「アメコミ」をご紹介です。

『リトル・ニモ』ってご存知かしら?


「ニモ? ああ、もちろん知ってるよ。あのオレンジの魚だろう?」

確かにそれもアメリカ生まれのキャラクターですがちょっと違います。
今回紹介する『リトル・ニモ』は、1905年10月の初掲載からニューヨーク・ヘラルド紙などアメリカの新聞各紙で掲載された新聞連載漫画です。
『リトル・ニモ 1905-1914』
ウィンザー・マッケイ[著]
小野 耕世[翻訳]
6,000円+税
●8月9日発売予定●

ニモは5歳の少年。
夢の国の王から「ニモを連れてきてほしい」という命を受けて、使者のウンプがやってきたところからストーリーは始まります。

はじめのうち、毎回違う使者がニモを夢の国へ誘いにやってくるものの、途中のアクシデントでニモは目覚めてしまいます。
どうやらうなされているのか、パパ・ママ、おじいさん・おばあさんが代わる代わるやってきて「寝る前に○○を食べたからだよ」とひと言。

なんだか「寝る前にトイレに行かないとおねしょする」を思い出しますねぇ。



連載開始から5ヶ月ほど経ったあたりから、それまで1話ごとにシチュエーションや登場人物が変わっていたのが連続したストーリーになっていきます。
「悪夢でうなされて起きる」や「家族が起こしに来る」というのが少なくなって、次第に「眠っていたいのに もう朝なの?」と不思議な世界を楽しむようになっていきます……。

作者、ウィンザー・マッケイはアメリカ・ミシガン州生まれの漫画家、アニメーション監督として活躍しました。
見せ物小屋でポスターや絵看板を描く仕事に従事しているうちに才能を認められ、地方紙のスタッフ画家としてニュースのイラストや漫画の仕事を手掛けるようになりました。
1903年以降はニューヨークで、漫画やアニメーションの世界で活躍。
ニモが生まれたのもその頃です。
また自らで描いたイラストを撮影して作った1911年『リトル・ニモ』1914年『恐竜ガーティ』などアニメーション史に残る優れた作品を残し、「アニメーション映画の先駆者」とも言われています。

ちなみに主人公の少年「ニモ」の名前は、ラテン語で「誰でもない者」の意味<Nemo>からつけられています。
『海底2万マイル』のネモ船長も由来は同じなのだとか。


クリエイターに影響を与えた『リトル・ニモ』の世界観


『リトル・ニモ』のストーリーが展開される“夢の国”。
この奇想天外な世界を描いた本作は根強いファンに支持されて、後世までクリエイターに多くの影響を与えたといわれています。

複雑な空間表現技法、生き生きとした色遣い、新聞紙面という大きなサイズをのびのびと生かしたコマ運びなど、110年前の作品とは思えぬほど。アートの美麗さや構図の斬新さは、今なお鮮烈な輝きを放っています。
カラフルな色使いや、異国情緒あふれる衣装、動物たちの描写などは、作者がかつて関わったポスターやイラストの仕事がそのベースにあるのかもしれません。

本作は高い評価を受け、アメリカ漫画史に残る屈指の傑作として知られるようになりました。

小社より発売する『リトル・ニモ』は


1世紀を超えて人々を魅了し続ける『リトル・ニモ』
日本でも幾度か出版されてきましたが、今回小社から発売するのは1905~1914年に連載されたストーリーをすべて収録しています。
1934年7月26日に亡くなった作者、ウィンザー・マッケイの没後80年にあたる2014年。
海外コミック研究の第一人者・小野耕世氏による翻訳で『リトル・ニモ』邦訳決定版をお届けします。

100年前から子どもたちを魅了してきた“夢の国”へ、あなたも旅してみませんか?


編集担当が熱く語る『リトル・ニモ』は、今週更新の『BDfile(ベデフィル)』でもお届けします! こちらもお楽しみに。


(文責:石割太郎)

2014年6月23日月曜日

『JL:アトランティスの進撃』で今後のDC映画祭りを予習

みなさん、こんにちは!

先週のブログでは、DCコミックス作品のテレビドラマ化状況についてふれましたが、あれから状況は一変、映画のほうでもとてつもない計画が進行中らしいとのがアメリカ中を駆け巡りました。まだ公式発表はされていないのですが、驚きのラインナップが……

2016年5月『バットマンvスーパーマン:ドーン・オブ・ジャスティス』
2016年7月『シャザム』
2016年末 『サンドマン』
2017年5月『ジャスティス・リーグ』
2017年7月『ワンダーウーマン』
2017年末 フラッシュとグリーンランタンの共演作
2018年5月『マン・オブ・スティール2』


もちろんスケジュールどおりことが運ぶとは限りませんが、もしこの計画が本当なら、DCもついにDCシネマティック・ユニバース”とでも呼べる世界を立ち上げ、ライバルのマーベル・コミックスと正面きって対抗することになりますね。公式発表が楽しみです。

そして、DC映画界隈の非公式情報といえばもう一つ。再来年の『バットマンvスーパーマン』ではワンダーウーマンサイボーグと並んで、アクアマンも登場するらしいのです! キャストとして噂されているのはジェイソン・モモア(『ゲーム・オブ・スローンズ』)。まだインタビューではジェイソンも言葉を濁している状況とはいえ、こちらも今後の動向に要注目!

……と、DCの映画まわりがにわかに活気づいたところで、奇しくも、ジャスティス・リーグ約1年ぶりの新作が小社から刊行されます。しかも、今回活躍するのは件のアクアマン
▲『ジャスティス・リーグ:
アトランティスの進撃(THE NEW 52!)』
ジェフ・ジョーンズ他[作]
アイヴァン・リース他[画]
2,000円+税
●6月25日発売予定●
今月25発売予定『ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃(THE NEW 52!)』は、『ジャスティス・リーグ:誕生(THE NEW 52!)』『ジャスティス・リーグ:魔性の旅路(THE NEW52!)』に続く“ニュー52版ジャスティス・リーグの第3巻となります。
▲『ジャスティス・リーグ:
誕生(THE NEW 52!)』
▲『ジャスティス・リーグ:
魔性の旅路(THE NEW 52!)』


久しぶりのシリーズ新作ということで、まずは“ニュー52について、簡単な復習を。 

出版社が権利を所有するキャラクターの物語を、様々なライターやアーティストが書き継いでいくアメコミのスーパーヒーローの世界。バットマンやスーパーマンなど、第二次世界大戦前に生まれたようなキャラクターもいるために、長い歴史の中で設定が複雑になりすぎたり、矛盾が生まれやすくなったりして、それが新しい読者を遠ざけてるんじゃないかとの声がいつしか上がるようになりました。そこで解決策として、1980年代半ばごろから様々な形で作品世界の“仕切り直し”が図られるようになりました。DCにおけるその最新版が、2011に始まった“ニュー52

つまり“ニュー52とは“ここから読み始めれば(だいたい)OKですよ”というDCからのメッセージ。ちなみに52とは、シリーズ立ち上げ当時に(それまで刊行されていた雑誌をすべて廃刊にしたうえで)創刊された雑誌の数です。そして数ある新雑誌のなかでも、他よりも一足先に、先陣を切って刊行されたフラッグシップともいえるタイトルが『ジャスティス・リーグ』なのです! 

『アトランティスの進撃』の物語は、『ジャスティス・リーグ』#13-17『アクアマン』#15-16という、二つの月刊誌にまたがって掲載されました。フィーチャーされているのは、かつて海底王国アトランティスの王だったヒーロー、アクアマン1941生まれとDCキャラクターの中でも古株とはいえ、いままで日本で注目を浴びる機会がなかなか訪れなかった彼。しかし、貴種流離ともいえる身の上、義理の弟との葛藤などドラマチックな要素を備えたヒーローで、本作の展開も劇的熱い

そんな物語を考えたライターは、第1巻から続投のジェフ・ジョーンズ2000年代初頭から徐々に注目を集めてきた彼は、かつてフラッシュグリーンランタンといった中堅どころや、ホークマンのような難易度の高いキャラクターに見事に新風を吹き込み、現在ではDCの制作面での最高責任者に就任して、ユニバースの構築に腕を振るっています。キャラクターのツボを知り抜いた彼ならではの手腕が、ここでも満喫できます。

さらに前巻から持ち越しのスーパーマンとワンダーウーマンのロマンス、ジャスティス・リーグのピンチに駆けつける新たなヒーローたち(誰が登場するかは読んでのお楽しみ)など、盛りだくさんの内容。熱帯のジャングルと、描かれる世界もこれからの季節にピッタリ! 夏にふさわしいスーパーヒーロー、アクアマンの活躍するアクション満載の痛快作『ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃(THE NEW 52!)』、オススメです!
▲『バットマン:
喪われた絆(THE NEW 52!)』
●7月発売予定●
本作ではチームのリーダーの座を巡って、アクアマンと火花を散らせるバットマン。それでは同時期の彼はどんな活動を?……とバットマンの単独誌を見ると、これが大変なことに……。来月刊行される『バットマン:喪われた絆(THE NEW 52!)』では、ついに“あの男”が帰ってきます!

ではでは、今日はこんなところで。


(文責:中沢俊介)

2014年6月16日月曜日

『バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム』でゴッサム探訪

みなさん、こんにちは!

今年はLEGOムービー』以外)スクリーンではDCのスーパーヒーローたちにお目にかかれないのですが、ARROW/アロー』以降、アメリカではテレビドラマのほうが好調なようで、『フラッシュ』『コンスタンティン』『プリーチャー』と次々と新番組の制作が発表されています。日本でもぜひ放送してほしいものです。

そんなラインナップのひとつとしてアメリカで今秋放送予定になっているのが『ゴッサム』。そう、あのゴッサムシティを舞台に、おなじみのキャラクターの若き日々を見せるドラマ、らしいのです。まだ“本部長”になる前の、若き日のジム・ゴードンと相棒ハービー・ブロック、両親を殺されたばかりの幼いブルース・ウェインと彼を支える執事アルフレッド……いわゆるスーパーヒーローものとは違うノリになりそうですが、楽しみですね。 

そして、“ゴッサム”といえば……小社で今月25日に発売されるのがバットマン:ゲート・オブ・ゴッサム
▲『バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム』
スコット・スナイダー他[作]
トレバー・マッカーシー[画]
1,850円+税
●6月25日発売予定●
『バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム』2011、“ニュー52”がスタートする直前に発表された全5号のミニシリーズです。 今回バットマンを務めるのは『バットマン&ロビン』『バットマン:ブラックミラー』と同じく、ディック・グレイソン(元ナイトウィング)。そこにロビン(ダミアン・ウェイン)レッドロビン(ティム・ドレイク)はもちろん、香港からブラックバット(カサンドラ・ケイン)も加わって、当時のバットファミリーがゴッサムシティに顔を揃えます。そして、巻末には“フランスのバットマン”ことナイトランナーのオリジン・ストーリーも収録。ブルース・ウェイン版バットマンもちょっと顔を出したりして、同時進行していた『バットマン・インコーポレイテッド』(当社より刊行予定!)とのリンクも感じさせる心憎いつくりになっています。

ストーリーを考えたのは、スコット・スナイダーカイル・ヒギンズ。スナイダーは先月発売された『バットマン:ブラックミラー』も大好評な、いまやDCの大黒柱ですが(くわしくはこちらのブログを)、ヒギンズのほうも、なかなか興味深い経歴を持っています。
▲『バットマン:ブラックミラー』
1985年生まれのカイル・ヒギンズは、映画監督リチャード・ドナーのもとでインターンを務めたのち『スーパーマン:ラスト・サン』ジェフ・ジョーンズみたいですね)、大学の卒業制作として短編映画『ザ・リーグ』を監督します(トレーラーはこちらから)。この映画が1940年代に世界初の「スーパーヒーロー労働組合」が作られていた”という設定の、ユニークなアクション・ミステリーで、ここからヒギンズのコミック・ライターとしてのキャリアが始まりました。手がけた作品はまだ少ないですが、本作以降も順調に作を重ねていて、これからが楽しみな若手ライターです。

そんな二人が考えた物語は、ゴッサムシティ誕生にまつわる謎に迫るゴシック・アクション19世紀末現代が交錯する作品世界は、シャープな描線(アーティストはトレバー・マッカーシー)と独特の色使いもあいまってスチームパンク的な雰囲気をかもし出しています。またハッシュ(トーマス・エリオット)ペンギン(先述のドラマ『ゴッサム』では英国男子ふうのイケメンに……!)といったヴィランがゴッサムの歴史と有機的に結びついているのもお見事! ページ数的にはコンパクトですが、多彩な人間模様長大な時間軸をはらんだ、読み応えのある作品になっています。

……それにしても、実在するわけでもないのに人の想像力を刺激してやまない架空の都市ゴッサムシティ。モデルになっている場所はニューヨークニュージャージーシカゴなどその時々によってさまざまですが、アラン・ムーアが街の起源を考えたり、ティム・バートン版『バットマン』では美術監督アントン・ファーストによるセットがアカデミー賞を受賞したり、市井の人々を描いた数多くのスピンオフ・コミック(なかでも『ゴッサム・セントラル』は名作!)が生まれたりしています。そしてついに街の名前を冠したテレビドラマが始まるまでに至ったわけです。

セントラルシティ(フラッシュ)コーストシティ(グリーンランタン)スターシティ(グリーンアロー)、そしてもちろんメトロポリス(スーパーマン)……DCユニバースに数ある街の中でも別格の存在感を誇るゴッサムシティ。その魅力を知るのにうってつけの作品でもある『バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム』、オススメです!

さて、今月は本作と同時に『ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃』が発売されますが、来月からはバットマンのニュー52シリーズも刊行再開です!
▲『ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃』
2,000円+税
●6月25日発売予定●
タイトルは『デス・オブ・ザ・ファミリー』の原題で知られる『喪われた絆』3巻にわたって展開する大型イベントです。まず来月は『バットマン:喪われた絆』。どうぞお楽しみに! 

 ではでは、今日はこのへんで。


(文責:中沢俊介)

2014年6月9日月曜日

鉄道とアメコミと私

「♪鉄道とアメコミとわたし~♪ 」 ……うっ、う~ん。

そんなお題記事なんか書けるかーーいっ!

……はっ! と、取り乱してしまい、たいへん失礼いたしました。

改めまして、こんにちは。アメコミ初心者の石割です。


さて、本日は「鉄道とアメコミと私」なるお題で今回の『アメコミ魂』を展開しなければならないのですが(「部屋とYシャツと私」世代からのムチャぶりがありまして泣)、どう考えてもこの三者が結びつかない……。かれこれ1週間以上考えているのですが、「鉄道」と「アメコミ」がどうしても結びつかない。唯一、捻り出すことができたのが、配属当初に担当した記事ぐらいでして……まあ、悩んでいても仕方がないので、「鉄道とアメコミで構成されつつある私」(もともと「鉄道」で構成されていた私にこの4月より「アメコミ」が入ってきた)という考えで、私の自己紹介を簡単にさせていただきたいと思います。 「アメコミ関係ないじゃん」ってなるかもしれませんが、ご容赦ください。

『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』が公開された1980年生まれの私、まだ物心つかないころから「ぐずっても電車を見せれば泣きやむ」という便利な子育て方法のおかげで、血中の鉄分濃度が異常に濃い鉄道マニアへとなりました。
生まれた「川越」の地はJR川越線東武東上線西武新宿線の3路線が一挙に集まる土地だったのも、よかったのか悪かったのか。
以来34年ほど、マニア活動を続けています。

読者の中には同世代の方もいらっしゃると思いますが、1980年代というと「Nゲージ」が流行った時代でもあり、私も親戚のおじさんからもらったブルートレインで鉄道模型デビューしました。

その鉄道模型はいまも趣味として続けていて、ちょうど昨日のことなのですが、某所で行われたイベントで車両模型の展示協力をしたりしています。
そんな私、小学生では「鉄道クラブ」、中学から大学まで「鉄道研究会」ととにかくひたすら鉄道漬けですごしてきたのですが、なにを思ったか就職では鉄道関連ではなくなぜかShoProへ。
入社からの10年間は他部署でアニメキャラクターに関連する仕事をしていたのですが、この4月からの辞令を受けて突然この部署にやってきた、というわけです。



このブログをご愛読いただいている皆さまはもうご存知のとおり、「アメコミ」の初心者の私ですが、いろいろ勉強してみるとアニメ『トランスフォーマー』は見ていたし、映画化されたバットマンスパイダーマンも有名ですよね。
そうそう、私は担当ではありませんでしたがShoProでは『ニンジャタートルズ』を展開していたこともあります。
なんだ、知らない世界じゃないじゃん!

どんな趣味でも同じだと思いますが、例えばアメコミだったら「ぶ厚い」とか「どれから読んでいいかわからない」なんて些細な理由でこの世界を知らないままなのは、なににしてももったいないですね。

「迷ったら飛び込め、後悔するかはあとから!」
そんな気持ちで、新しい世界に飛び込みたい人たちの背中をドンドン押していく存在でありたいと思ってます。

何か始めようかと躊躇ってるなら、背中押しますよ!(笑)

これからShoProより刊行されるアメコミや、各種アートブックなどでお目にかかる機会も増えるかと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

なんだか取り留めのない日記みたいになっちゃいました。
次回のテーマは、売れ行き好調の『バットマン:ブラックミラー』のライター、スコット・スナイダー先生の『バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム』ですので、お楽しみに!

次回からは平常どおり、もっともっとアメコミを語ってまいります。

先日、関東甲信地方の梅雨入りの発表もあり、これから雨模様が続きますね。

休日が雨のときは、自宅に積読しているアメコミを消化しましょう! 

それではまた!


(文責:石割太郎)

2014年6月2日月曜日

『300〈スリーハンドレッド〉帝国の進撃 アートブック』

こんにちは!

この週末からは一気に夏のような暑さになってきました。ShoProのオフィスでも今日からクールビズになって、ノーネクタイです。個人的には、ネクタイ締めて気持ちを切り替える瞬間が好きなのですが(笑)。

さて、今月最初のアメコミ魂は、発売直前のアートブックを一足早くご紹介です!
▲『300〈スリーハンドレッド〉帝国の進撃 アートブック』
ピーター・アペロー[著]
ノーム・ムーロ[序文]ザック・スナイダー[あとがき]
2,700円+税
●6月5日発売予定●
フランク・ミラーグラフィックノベルを、ザック・スナイダー監督が実写化した映画『300〈スリーハンドレッド〉』が公開されたのは2007年。それから7年、新たな戦いがスクリーンで展開される――。

6月20日(金)に公開される映画『300〈スリーハンドレッド〉帝国の進撃』、舞台は前作と同じくペルシア戦争
覇権拡大を目指す巨大帝国「ペルシア」が、芽吹いたばかりの民主主義都市国家「ギリシア」へその手を伸ばす中で起きた闘いを鮮烈な映像で描いています。
※その過激さゆえにR15+指定です。

映画については、試写の感想といっしょにご紹介した以前のエントリもご覧ください。
「アメコミ魂」過去記事⇒映画『300 帝国の進撃』とAmeComi Lineup 2014

期待も高まる『300〈スリーハンドレッド〉帝国の進撃』をさらに楽しめるアートブック『300〈スリーハンドレッド〉 帝国の進撃 アートブック』が、今週6月5日(木)に小社より発売です。

前作の舞台となった「テルモピュライの戦い」に対して、今作の舞台は「アルテミシオンの海戦」「サラミスの海戦」という海上での戦い。前作を指揮したザック・スナイダーは製作・脚本として参加し、新たに監督へ抜擢されたノーム・ムーロの手によって古代ギリシアで繰り広げられた艦隊戦が蘇ります。
劇中ではスクリーンに圧倒的な大海原が広がりますが、なんと海上でのシーンは大半がCGを駆使して再現されたもの。ペルシア海軍の巨大戦艦の存在感をどのように表現したのか、さらには船上で所狭しと展開する戦士たちの戦いをどのように撮影したか、その舞台裏をみることができます。

だがしかし!本書をオススメするポイントはそれだけではありません

「海戦」が特に注目される今作ですが、2つの海戦へ至るまでの歴史的な経緯も劇中で描かれます。
前作でも登場したペルシア軍を率いるクセルクセス(ロドリゴ・サントロ)が、父 ダレイオス王の死後「神王」として生まれ変わり再びギリシアへ攻め入るまで、や、ギリシア連合軍を取りまとめるアテナイの主人公 テミストクレス(サリバン・ステイプルトン)がペルシア軍と戦ったマラトンの戦いからの布石、などなど史実を基にしたストーリーのボリュームもハンパではありません

古代ギリシアの世界観や「ギリシア」「ペルシア」それぞれで起こる人物同士の係わり合い、描かれる都市のリアルな描写など、見る者を圧倒するほどの情報がスクリーンの中に詰め込まれていて、脳内での処理がいっぱいいっぱいになってしまうかも。
世界史の好きな方には当たり前の知識かもしれませんが、正直に言って、なんの前知識もなくボーっと見るだけではもったいない!です。

楽しみにしている映画こそ「ネタバレ」は避けたいところですが、むしろここは積極的な「予習」のためにアートブックを。
登場するたくさんのキャラクターをより深く知り、いまから2500年前の世界を再現した映像の隅々まで楽しもうとするなら、事前に本書を読み込んでから映画館へ向かわれることを全力をもってオススメします。

もちろん、豪華なキャスト陣も魅力いっぱい。
ペルシア海軍の女司令官 アルテミシア(エヴァ・グリーン)や、テミストクレスと共に戦うギリシアの戦士 アエスキロス(ハンス・マシソン)スキリアス(カラン・マルベイ)、それに前作でも登場したスパルタ王の妻 ゴルゴ王妃(レナ・ヘディー)らが、演じるキャラクターについて、自らの想いも込めて語っています。
劇中ではこの戦いに関わるたくさんのキャラクターが登場しますが、スクリーンの中に見知った顔があるとストーリーにも入り易くなるものですし、気になるキャストはチェックして臨みたいものです。

日本でいう「時代劇」ジャンルのように、欧米では古代ギリシアやローマを舞台とした映画を「剣とサンダル(ソード&サンダル)」と呼ぶこともあるそうです。
鍛え抜かれた筋肉と手にする剣、そして皮のサンダル、は古くから数限りなく映画のテーマとして選ばれていますが、『300〈スリーハンドレッド〉帝国の進撃』はその中でも、陸上に海上にそして海中にまで、と過去に例のないスケールで描いています。

スクリーンを前にして、その壮大な歴史絵巻と、一転して細やかに描かれたディテールに圧倒されること間違いなしですので、映画本編を楽しむためにもぜひご一読あれ!
もし映画を見たあとでこのページにたどり着いた方にも「あのシーンってなに?」という疑問解消のために手にしていただきたいです。

全160ページ、余すところなく楽しめます!

後半、どんどん熱くなって文字だらけになってしまいました。
それではまた次回!


(文責:石割太郎)