2013年12月2日月曜日

『パシフィック・リム:イヤーゼロ』を語る

こんにちは!

今回は、今週水曜日発売の『パシフィック・リム:イヤーゼロ』を紹介いたします。

発売まであと3日です!(都内の書店さんで早ければ12月3日に店頭に置かれます。4日以降、順次全国で発売になりますのでご期待ください) 

来週にはブルーレイ&DVDも発売されますし、パシリム熱再来です!

今年の夏に公開されるやいなや熱烈なファンを獲得し、“パシリム”の愛称で親しまれている映画『パシフィック・リム』。2013年12月11日(水)にはファン待望ブルーレイ&DVDが発売され、その熱はまだ冷めることはありません。

そして、ブルーレイ&DVDリリース先駆け、鬼才ギレルモ・デル・トロ監督が放った『パシフィック・リム』の前日譚コミック『パシフィック・リム:イヤーゼロ』2013年12月4日(水)に発売となります! 監督/脚本のギレルモ・デル・トロ自らが監修し、原案/脚本のトラビス・ビーチャム原作を手掛けた本書は、まさに映画本編に通じるオフィシャル・コミックです。しかも本書のカバーアートを担当したのは、巨匠アレックス・ロスです。当然、いつものように本文の作画は違います(笑)。


時は2013年8月10日。

正体不明の巨大生命体がサンフランシスコを襲撃。K-DAYと呼ばれるその日を境に、長きにわたるKAIJU対人間の闘いが始まった……。イェーガーとドリフト技術開発の知られざる歴史、ペントコスト司令官やヤンシー&ローリー兄弟、テンドー・チョイたちの過去など、映画『パシフィック・リム』では描かれていないさまざまな人間模様やエピソードが本書で明らかにされます。ブルーレイ&DVDを観る前にぜひご一読ください。

イェーガーなども含めて、『パシフィック・リム』には魅力的なキャラクターや要素がたくさんあります。映画の続編も構想されているそうなので、プリクエルだけではなく、コミックでも様々なスピンオフ作品に期待したいですね!

ではまた!


(文責:山本将隆)